<   2017年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今、若者の町

古くからスキー場として発展してきた菅平高原、良質な雪質に加えて、多くのゲレンデやコースを有しスキーヤー達でも広く知られた場所だ。
この界隈はスキーや山菜取りで四季を通して昔からよく行き来した場所で、今でも里への往来には好んでこの道を通る。

ラグビーワールドカップが平成31(2019)年に日本で開催されることが決まり、
この恵まれた冷涼な気候はラグビー、サッカー、陸上競技などでも合宿のメッカであることから、この地をキャンプ地として誘致しようと地元では今、様々な運動に取り組まれている。
高原野菜の収穫期と重なるこの時期は特に週末は若者たちで膨れ上がり、
f0215591_15414270.jpg
f0215591_15480042.jpg
f0215591_15491152.jpg
広大な高原野菜で働く人々と隣り合わせに見る情緒ある光景はなんともいえない。
国道沿いには満開を迎えるヤナギランが道行く人の気持ちを和ませてくれていた。
f0215591_15512086.jpg
夕方になるとお天気が悪い日が続いて、今夜は雲間から見え隠れするきれいなお月様をひさしぶりに見た。
f0215591_15540173.jpg







[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-28 23:38 | 自然

お口に合わなかったかな?

朝方目が覚めたら今朝も聞こえる雨の音。夜の内から連日雨が降って朝になると不思議とピタッと止む。ここのところずっと同じパターンだった。
f0215591_16023478.jpg

おまけに今朝は肌寒くて
肌布団を首元まで引き上げながら、
今朝はいったい何度なんだろうと起き出したら・・・・・
涼しいと言うより寒いわけだ。




少し前まで降っていた雨が上がり、ちょっと触れると転げ落ちそうな可愛い雫をバランスよく、たくさん載せた葉っぱがあっちこっちに。
f0215591_16034706.jpg
f0215591_16041807.jpg
f0215591_16044971.jpg
野菜取りに出かけてた人が畑から持ち帰ったものは、
赤く色付いてくると何方かが味見をするようで、ちょこっとずつ突いては次々食べ散らかしてあるトマト。
f0215591_16060473.jpg
ちょびりちょびりとお行儀悪い食べ方しないで存分食べてくれたらいいのに・・・・、
真っ赤でおいしそうには見えるけど、どうやらお口に合わなかったようだ。
ネットを張って覆って、今日からお行儀ワル子さんとの知恵比べが始まるそうです。


[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-27 23:00 | Life

ウグイスとミンミンゼミそして虫の音

夜中降ってた雨が朝方になって止んだ。
陽が照りだすと待ってたかのようにまだまだきれいな声を聞かせてくれるウグイス、それに合わせるかのようにミ~ン、ミ~ン♪ 近くでは先日の子かな?と思わせるキリギリスや虫たちで奏でる大オーケストラ。
春と夏と秋と混在したような朝だった。
f0215591_15433785.jpg
1週間ほど前、ネットニュースでこんなことが紹介されていました。
-------------------------
半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。
男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。
遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。

「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

 搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。
 「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。---------------
               (ネットニュースから引用しました。)


・・・・昨今、車椅子のお客様への対応が問題になった後だけに心打たれる出来事でした。涙が止まりません。


[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-26 23:38 | Life

収穫その後

屋根に映る雨の足跡、付いては消え、消えては付き、部屋の窓から外の様子が垣間見える降ったり止んだり雨の一日。農休みを決めた夫だがそれでも野菜は放っておけないので午後雨の降る中出かけていった。
雨降り仕事で出来るのは芋磨き。
先日掘った馬鈴薯は暫く広げて乾かして息を抜いた。
f0215591_14495402.jpg
今年は晴天続きの内に第一弾を掘ったので、芋にまつわる土が少なめだった。
砂埃が舞うのでこの暑いのに頭の天辺から足元まで肌の露出部分がないようにと完全に覆っているのに、出てる目さえ誇りっぽくなる。とはいえ丸ごとザブン!とすればいいことで一時の我慢我慢。
大好きだという人の顔を思い浮かべながら埃まみれになって磨いた。
あちら様にもこちら様にもいつでもお送りできるように。。。
f0215591_14514133.jpg
夕方買い物に出かけたら目の前を自転車で行くワンチャン連れ。
4匹のワンチャンの内1匹でも急に止まったり走り出したりしないのかな?
飼い主さんはあまりお若くなさそうでそちらを心配してしまった。






[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-25 23:48 | Life

キリギリス

キリギリス啼くのは雄。大き目の体の背中に茶色の羽色をしたのが鳴くのだと小さい時に教わった。最近外でその鳴き声を聞くようになって暑い中にも一服の涼を呼ぶ声に癒される思いがしている。
夜イスに座る背中の方でその音が聞こえた気がして探すと。。。。
天井の高いところに身を隠すようにしてるキリギリスを見っけ!!
f0215591_14231156.jpg
いつどこから入ってきたのか、もしや毎日声を聞かせてくれてる子かと愛しくなって様子を見ていたら、パッと飛び降りた。
どこへ行ったのかな? しばらくそっとしておいたら今度はカーテンレールの上に上がってこちらを眺めてた。
遠慮したようなかすれた様な声を時々搾り出すように啼いていたと思ったら近くに下りてきてピョンピョン!
f0215591_14253535.jpg
f0215591_14261024.jpg

遊び場所を間違えちゃったね。 そっとつまんだらギザギザあんよと手で抵抗したけど窓の外へ放ってやった。
下から安心したような鳴き声が聞こえてきた。 


[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-24 23:18

この日ばかりは。。。。

6月に続いて二回目の錬成会。
その年の役員さんによる会場の選定で前回は小諸、今回は臼田。
ブルーシートを何枚も広げた大広間には20人以上が参加。一日を書くことにこれほど時間を費やす人は少ないので、当日は誰しもその覚悟で参加。
思い思いに食べたり飲んだり駄弁ったり時間を作り、仲間の書く様子を覗いたり指導したりされたり有意義に一日を過ごす。今日は朝から雨で暑くもなく、用意されたお茶やお菓子は自由にいただくという事で途中で全体休憩を取らなかった。最後にみんなでお茶をゆっくり頂いてお開きになった。
こんなお天気で外仕事を気にしないで本気で取り組めた仲間は締め切りを前にそろそろ仕上げモード。
怠け組はラストスパート。帰る頃ポツポツ雨が当たり信号待ちで止まった目の前のオープンガーデンのお宅をボォ~っと眺めていたら、傘を置き忘れてきたのに気づいた。
f0215591_13000733.jpg
戻るべきか戻らざるべきか・・・
700円の傘に微妙な葛藤。今度行ったついでの折寄ることに決めた。



[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-23 23:55

大雨

午後から雷予報。 もしや一雨くるかも・・・
あまり期待してはいなかったが3時頃から雷さまが鳴り出した。開け放していた家中の窓も閉めて備えた。
そうこうしてる内にポツンポツンと雨の音。家の周りの片付け事をしていた夫が家に入ると同時にザァ~~っとやってきた。
“いい雨だ!” “少し降るといいねぇ” 
f0215591_11513296.jpg

“少し”の期待もあまりに長いこと降ってる気がして廊下に出て外を見ると・・・・
なんと、庭が水浸し!!
f0215591_11484775.jpg
 
池に面した部屋に移ってガラス越しに外を見ると、池の水が溢れてる!!
f0215591_11502755.jpg
“ちょっと!、大変!大変!” 大騒ぎになった。
雨の中様子見に外に出た夫、どうしようもなくただ眺めているだけだったが、相当量の雨のようだった。一時間近く降り続いていたかもしれない。
雨上がった庭は跡形もなく引けて、池にも行って見るとあの水はどこへ?と思うほど普段の水位に戻っていた。
「雷注意報は出ていたけど大雨警報は?」
こんな日だから早めに夕食の用意をと始めたら、5時半頃TVから当地方に大雨警報が・・・
雨が上がって30分も後のことだった。
個人の狭い屋敷でのこの騒ぎ、先般の被害に遭われた彼の地に思いを馳せながらの夕食になった。

今朝ミンミンゼミの初啼きを聞いた。

[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-22 23:35 | 自然

かぼちゃ

暑さが続いて庭の湧水を毎朝根気よく灌水に運ぶ家人。
お蔭様で夏野菜の収穫は何もかも順調に進むけど、一日だけでいいからたっぷりの天の恵みが来ればこの苦労もしなくても済むのに、と思いきや、こういうこともあっての野菜づくり、朝の空気の冷たい内に体を動かすのは結構楽しいことらしい。
その時間、時計を見ながらまどろんでいる私、こんな人が相棒になるにはまだまだ修行が足りないんだな。
近くの畑に作ったかぼちゃ、坊ちゃんかぼちゃは先日全部収穫できた。
このかぼちゃ、食べきるにはお手頃な大きさで勿論ホックホクで大のお気に入り。
友人たちといつだったか、「かぼちゃとサツマイモ」について激論・笑 を交わしたことがあった。
断然両方とも‘栗のような・・’で形容される‘ほっくほく!’好きが多いかと思っていたら結構‘ねっとり・しっとり’が好きだという人も多かった。
ねっとり系好きの人は、“胸につかえそうになる感触”が頂けない・・・と言うし
ホックホク系はあの“ベチャっと感”はどうもね・・とそれぞれの言い分。
ベッチャっとしないように水気を少なめにして煮ても、仕上がり具合は改善されない苦労を話しても・笑 「元々そういう質だからいいのよ!」らしい。
そうですよね。それぞれであっていいのだ!笑
考えてみたらかく言う私も、しっとりとした食感と甘さ、たっぷりと蜜の入った「種子島安納芋」を頂いたらその美味しさにはまって、お取り寄せをしてたのだった。汗
畑に残っているのはいずれもホックホクのかぼちゃ。蔓が枯れ始めてきたのでこの暑さで‘日焼け’しない内にと収穫した。
f0215591_10431836.jpg
f0215591_10451067.jpg
残すは年越し用の白いかぼちゃ。もう暫く畑に置いておく。
昨日夕方冬のマット類の大物を洗いたくてコインランドリーに持ち込んだ。 二つを使って約一時間での仕上がり。
カンカン照りで全て乾いた。気になっていたことがまたひとつ片付いて良かった~
f0215591_10505348.jpg




[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-21 23:37

芋掘り

馬鈴薯、ジャガイモ、暑い夏に収穫する芋だから里の方では夏芋とも言っていた気がする。
どこにでもあるそのお芋がこの辺りの名産品であると嫁いで来て知った。元々あまり好きではなかった馬鈴薯、暑い最中に掘るから更に好きになれなかった。
今年もその時期になって試し堀をしながら掘る時期を見計らってきた今年の芋掘り。
粘土質土壌だから土が乾かないとお芋にこびり付いた土を落とすのが大変な作業になる。雨の心配もなくお天気も続きそうだ・・・・
で、そろそろということになった。
何しろ炎天下のこの作業が大の苦手で、その日はそれなりの覚悟で望む。
早めに畑に行って掘る人。遅れて行って後から拾う人。
少し風に当てるだけで土が落ちやすくなる。
f0215591_10321228.jpg
早起きも苦手だけどちょっとだけ早起きしたら軒下の温度計は20度。
今朝はお天道様もゆっくりされててまだお出ましでなかった。陽が照っていなくてもムシムシする感じがして、顔の周りに更に“ブヨ”除けスプレーで完全装備。僅かな時間でも汗だくで作業を終え、調子が出てきた頃にはいつもと変わらないお天道様がジリジリと照り始めた。
終わってみると考えていたほどでもなく、汗だくも心地良さに変わった。
遠くの畑のあと半分は諸々の都合で・笑 一休みしてからまた後日。
f0215591_10335412.jpg
ホックホクを早速110.png
f0215591_10574540.jpg



[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-20 23:30 | Life

腕時計

時計の電池交換に伺ったお店で、5分ほどで出来るというのでケースに並んだ素敵な時計や宝石類を見ながら待った。
携帯を持ち始めた頃、時計代わりにもなり腕時計は要らないと思ってから外すことにしたが、
いつも腕にある物が無いと何となく大きな忘れ物をした感じで暫く落ち着かなかった。
慣れて来ると今度は時間を確認するのにいちいちバッグのなかを覗かなければならないことに不便を感じて、再び腕時計をつけるようになった。
長いこと時間の確認を携帯で済ませていたこともあって、今度は腕に時々し忘れてもそんなに困ることもない。
最近スマホにした友人がこの際だからと、とっても素敵なハードケースにしたは良いけど、バッグを覗きこんだだけでは時間の確認ができなくて(ケースから出さないと)、同じように腕時計をはめるようになった。
何年ぶりかで腕時計をしたら何となく腕に邪魔感はあるけど安心度は増したそうな。
横着さが生んだ贅沢な悩みだと笑ったけど、アナログ時代に培った諸々が一番心地良さを感じるのかもしれない。

今日某会議があって、司会者が会場にある二つの時計は電池切れで止まっていますので念のため、という説明があり可笑しかった。
タイムスケジュールが組まれていたので終わるまで何度も腕に目をやった。
f0215591_10290122.jpg
ここも梅雨が明けましたね。いよいよ夏本番!
暑さが大の苦手! なんて言ってられないな。


[PR]
by waku2-tuduri | 2017-07-19 23:25


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

Very good..
by GerryBiota at 03:59
This is n..
by Buy cialis at 23:25
Cheers. I..
by Cialis prices at 19:57
You actua..
by Generic cialis at 19:20
With than..
by Cialis generic at 18:47

最新のトラックバック

検索

タグ

(417)
(193)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧