カテゴリ:Life( 2087 )

今年は佐久

長野の知人が今年もねんりんピックに参加、作品を出品された。
毎年県内巡回するこの展覧会の会場は今年臼田の「コスモホール」とのことで、もし時間が空いたら出かける約束をしていた。
今日は朝から台風の影響で一日雨。こんな日はきっと家に篭りきり。以前から約束していたおかげで躊躇無く出かけられたが、Pからホールまでの僅かな距離でも足元までずぶぬれになる大雨の日だった。
高齢者ならではの根気強さ、キメの細かさ、立派な作品の展示物の数々からは底知れないシニアの方々のパワーが感じられ、また生憎の雨で出足が不調かと思ったが、広く県内から会場を訪れた人数の多さにも驚いた。
f0215591_08543827.jpg
f0215591_08565320.jpg
色々に加齢を感じる今日この頃、少しでも皆さんに近づけるような日常が送れたらいいなと、大いに刺激をもらう日になった。
f0215591_08580192.jpg



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-29 22:50 | Life

過ぎ行く季節、迎える季節、それぞれに・・・

午後には傘マークがずら~~っと並んだ。予報通り午後は雨の寒~い一日。
秋野菜の畑が一面緑色を濃くしてその成長が目に付くようになった。毎日何度も畑にご出勤の家人、その根気良さと次々と秋野菜の準備をしてもらってる事は感謝に堪えないが、大根の葉の浅漬けが食べたくて間引くようになったら届けてもらう様以前からお願いしてるのに中々届かない。朝のうちにチラッと様子見に出かけたら、それもそのはず、間引く手間が面倒だと、ご丁寧に初めから間隔を広めて種蒔きしてあった。青々とした葉が顔をもたげるようになってその訳がわかった。
f0215591_02341380.jpg
それでも2段階に分けて蒔いてあったので、手頃の大きさのを一掴み程抜いてきた。塩で軽く揉むとその香りのいい事! 野沢菜も大根もこの時期ならではの贅沢。

気が付かないでいたら庭のシュウメイギクがひっそりと咲き始めた。八重のピンクはまだ。
f0215591_02362841.jpg
時期はずれのテッセンも存在感を新たにして、最後の輝きを見せてくれていた。
f0215591_02395646.jpg



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-20 23:00 | Life

お茶のお供

f0215591_02211881.jpg
朝12℃。遠くまで霧に包まれた寒い寒い朝、あまりの寒さにお炬燵を出した。
義母が元気な頃は10月の声を聞くと同時に決まって準備をした。
f0215591_02220115.jpg
自分達だけになった今、今からこんな事でどうするの?と言いながら今朝の寒さは特別で、下掛けと上掛けを掛けただけの簡易コタツ、でもこのぬくぬく感が堪らない。
涼しくなってくるとお茶もまた美味しくなり、そのお供には煮豆が食べたくなる。
先日、お正月用にと暮れに沢山頂いてあった黒豆を煮た。普通に煮たのだけど急に甘納豆のお菓子風にしたらどうだろうと思い立ち挑戦してみた。
軽く煮詰めて乾かし、グラニュー糖をまぶしただけ。
f0215591_02254948.jpg
見た目okだけどちょっと硬め。黒豆だからなのだろうか?初めてだから要領が良くわからなかった。煮豆大好き、リベンジを賭け今後も色んなお豆で試してみようと思った。



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-19 23:14 | Life

ハックルベリー

f0215591_14545415.jpg
今年も春先友人から苗を2株頂いて植えた。
時々成長を眺めるだけ、未熟なものには毒があると言うので完熟するまで放りっ放し、完熟しても自然落果することはない、生食は美味しくないので野鳥の被害もない、と全く手が掛からない。
収穫も木になった状態だと霜が降り始める頃まで大丈夫とのこと。急がなくても都合の良い時、気が向いた時で良いというのも私向き。そろそろジャムつくり第一弾の時期、暫くぶりに様子見に畑に出かけた。
f0215591_14532568.jpg
確か2株のはずが、、、、実生? 株数が増え立派に実を付け思いがけないほど繁ってるのに驚いた。
午後は臼田の会に出かけなければならなかったので今日は様子見。
気持ちも弾む心地良いお天気になった♪
f0215591_14560510.jpg


[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-17 22:50 | Life

美味しい! らしいけど・・・

9月に入って稲刈りが近付くと、黄色くなり始めた田んぼの水切りが始まる。
春、田植え後に田んぼに放たれたフナの稚魚はそれからずっと育てられ、水を切るのと同時に集め獲られる。
そうなるまでにはサギなどの大きな鳥に狙われたり、折角の餌がタニシに取られたり大変な苦労があって、小鮒の養殖に携わる家は少なくなったようですが、小鮒の甘露煮は昔から伝わるこの地方の郷土食です。
f0215591_14254374.jpg
新聞にその時期を知らせるチラシが入ると、待ちわびた人々がスーパーの開店前から並び、開店と同時にその日の分は即、売り気れになるという現象が数日続きます。
田んぼの水を払った時に水揚げ、今だけの旬の味覚でありファンにとっては逃せないものなのです。
小鮒は量り売りで生きたまま袋に入れられ、酸素を充填して並びます。
家庭ではきれいに洗われたものに酒、醤油、砂糖、みりんでじっくり味付けされます。小鮒の大きさは精々3~4㎝。骨まで丸ごと、ちょっとの苦味がまた堪らないようです。
ようです、って言うのも、私含め子供たち皆、苦手なのです。
物心ついた頃目にした、ピチピチのお魚がお鍋の中で息絶えるその過程が・・・子供たちの言葉を借りると、「かわいそくって!、かわいそくって!」
とっても美味しいらしいけど・・・私も子供もそれがトラウマ。
毎年楽しみにしている家人、知人にお願いして届けていただいていたのが去年は不漁との事で諦めました。今年ははなから諦めていたら私の友達から「買わなかったの?」出来上がった物が届きました。
「うん、ウマイ! うん、ウマイ!」 
本当に美味しそうです。
f0215591_14380284.jpg
(どれ、どれ・・? って思えないものの一つです。。。)


[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-15 23:09 | Life

断ち切る勇気

f0215591_14184259.jpg
あの暑かった日も少しずつ遠くなり、着る物も袖のある物の出番になった。
すっかりは入れ替えてないので半袖がまだ大半占めてる箪笥の中。
まだ着れる、まだ着れる、で中々捨てられないでいたもの、実際この夏どれくらい着ただろうと思うと、一度も袖を通さなかったものや、気に入って着た物はそれなりにダメージが目立つ。この際思い切って処分するものを分けようと思った。
先日ひとまとめにしてカレンダーの「古着」の日を確認していたのに、その日が今日なのを収集車が行ってしまった時間になって思い出した。
パッと思い切って処分するのも気持ちいいが、次回収集は来月、一ヶ月先延ばしになったのはもう一度考える余裕ができたと思うことにする。
というのも勿体無い症候群、物持ちが良すぎて増える一方の自分にあきれてるのに、それでもいざ処分してしまうと、あれ?あったはずなのに、と後悔することを何度も経験してるから。
f0215591_14195698.jpg
先日その中から引っ張り出したふた昔も、イヤもっと前かな、少しダササのある幅広ベージュの麻のパンツ、今流行りかも?で出かけた際、“買ったの?”と聞かれ満更でもなかった。
ボロとするもの、残すものその見極めは当分続く。




[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-14 22:17 | Life

深まる秋


ここの所毛布が手放せなくなった。外出時の車内の暖かさが心地良く感じるようになり季節の変わり目をしみじみ思う。
f0215591_14074358.jpg
f0215591_14092936.jpg
お天気が一日何とか持ったと思ったら、夜になって雨が降った。

気温の変化が激しくて夜の例会では体調を崩す人も目立ちくしゃみ鼻水伴う人が三人もいて、そんなことでも話題になった。

この時期になると秋フルーツ収穫の到来を思わせるブドウが毎年送られてくる。偶々2軒から頂いたので東京組にも旬のお届け。
f0215591_14104236.jpg

本格的な秋はこれから。秋は私が一番好きな季節でもある。
夏の疲れが出やすいけど、増す食欲を頼りに元気に乗り切らないと、、ね。



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-13 23:05 | Life

この夏の思い出

朝6時16℃、めっきり涼しくなった。
半袖に一枚重ねて一日の始まり。日中になっても一日脱ぐことはなかった。
涼しくなったので庭の草取りに精を出すが、必ず草むらに潜む蚊の餌食になる。蚊に刺されるのも堪らないが夏のある日、急に飛び出した“蜂”に小指の付け根を刺された。
f0215591_11535729.jpg
何となく痛かったのは当日だけ。翌日は見る見る腫れ上がり三回刺されると命が危ないといわれ毎回戦々恐々としていたが、私の場合間違いなく過去に10回近く刺されて、命を落とさない事だけは証明できた。
実際蜂毒アレルギーによる症状、アナフィラキシーショックで救急車で運ばれた方も身近においでなのでもちろん侮れない。危険な作業と知りつつお盆を迎える為の仕事と思うと放っておけない。
秋の気配が濃くなり“夏は大嫌い!”と言いつつも、夢現のように去ってしまったこの夏の喧騒、出来事を懐かく思うようになった。
              
f0215591_12095579.jpg

f0215591_12175272.jpg

今日は夕方になっても17℃、一日気温上がらず寒い一日



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-12 22:38 | Life

熱中症

f0215591_11180435.jpg
マイPCのお話.
沢山荷物を抱え、時々苦しさを訴えるマイPC。この夏の暑さにも辛うじて耐えた。
いつか身軽にしてやらないと・・・と、思いつつ症状が悪化しないか気が気ではない。我が家に来てからの年数を数えるととっくに寿命を迎えてるけど、途中でマザーボードを交換してるからお払い箱にしてしまうには忍びない。
もう少し、もう少し、とお付き合いいただいてる現状。
いつだったか暑さに対する手当ての方法を教えていた。

冷たいもので冷やすのではなくて熱伝導率の良い〝銅〟を使って放熱させるのだそうだ。手元には墨を腐らせないための銅版もある。早速それを使ってみた。
f0215591_11223839.jpg
確かに銅はどんどん熱くなってくるから効果はあるのだろうと思うけど、気休めでもあるかな。
涼風が立つようになってそんな心配からも開放された。



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-11 22:14 | Life

天然繊維

f0215591_22103845.jpg
これはヘチマです。
こうしてマジマジと“ウリ状態”の顔を見ることは滅多にありません。
作ったことが無いので、ましてやタワシを作ることも初めてです。

硬いけどデコボコ、触ると所々フワッっとした感触は、既にタワシの雰囲気が感じられますがどうやったらあれができるのだろうと興味はあります。
友人から遊び心で作られたというヘチマを頂いたので、早速たわし作りに挑戦しました。
作り方は簡単。教えて頂いた通りしたら、あっという間に完成です!

お鍋に入れるとプクプク浮くので、落し蓋をして15分ほどグツグツ。
水にとって流水にさらしながら皮をむくと、あらら、簡単にペロッと剥けます。
身に残っている種を取りながら全体を洗い流すように綺麗にします。

f0215591_22234593.jpg
・・・・で、出来上がり!!

2時間ほど漂白したら、とっても色白になりました。
ピンチにつるして乾かすともう使えます。今日は雨模様なので使い心地は後日のお楽しみです。



[PR]
by waku2-tuduri | 2018-09-10 22:07 | Life


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2018年 09月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 10:02
素敵なマフラー、いいなあ。
by saheizi-inokori at 10:23
こんばんわ^^。 そう..
by waku2-tuduri at 00:58
月の出も見ごたえがありま..
by saheizi-inokori at 22:44
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 10:57

最新のトラックバック

検索

タグ

(418)
(194)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧