赤い足袋

いつだったか母が冗談っぽく“そろそろ身終い”といって身辺の整理を始めた。
自分では処分できない物ばかりのようで、いちいち“こんな物要る?”と処分を委ねられたけど、その場ではめんど臭さもあって、ガラクタでも何でも「はいはい、何でも頂きますよ」と、いろんな物をもらってきた。
先日又、断捨離を兼ねそれらを引っ張り出したら、その中に買ったままの赤い足袋があった。 冬物なのだろう、表はビロードで裏地はネル。コハゼには“7半”と“8半”と刻まれた二種類ある。
f0215591_23275608.jpg
今で言う何㎝位なんだろうと調べてみたら17~18㎝と19~20㎝位。年齢でいうと5歳位~8歳位の大きさのようだ。
どうして買ったままだったのかな?と言う疑問が沸々と湧いた。
f0215591_23301257.jpg
f0215591_23305836.jpg
f0215591_23264738.jpg
ある年の丁度今ごろ、父は心臓麻痺で若くして突然この世を去った。それまでお正月には着物を着せてもらってた記憶が微かにあり、当時7歳だった私はもしかしたらその年それが叶わないままだったのか、そんな思い入れのある物だったのかもしれないなどと、自分なりの解釈で当時の母に色々思いを馳せた。
こんな事もあった。
記憶も定かでない小さかった頃、繁忙期だけ隣村の季節保育所(神社)に通った。通ったと言うより田んぼも畑も多かったから預けられたと言うのが正しいかもしれない。季節はいつだったのかの記憶も無いが、頭を手ぬぐいで纏い、背中に何か背負って、その神社の舞台に立って一人踊ったことが鮮明に蘇る。

♪ おど~ま ぼんぎりぼ~んぎり ぼんからさ~きゃおらんど~
  ぼんがは~よ~  くうぅ~~りゃ はよも~ど~る

♪ おど~ま かんじんか~んじん あんひとた~ちゃぁよかし~ 
  よかし よ~か~お~~び よかき~も~ん
踊りの先生は近所のお姉さん、意味も分からず踊った。
f0215591_23371947.jpg
「こんなもの」と言われた物は郷愁にかられる物ばかりで、任せられても簡単に処分できない物ばかり、ゴミとして捨てることができる日が来るのだろうか・・・。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-19 23:38 | Life

そろそろ・・・・  ♪百万本のバラ  久保田早紀

今年の干し柿。風も無く暖かいと喜んだ頃剥いた柿は、青かびが出そうになって早々に取り込んで冷凍庫に入れた。
その後、初霜に遭う頃まで木に生らして置いた物は、ハラハラと厚い葉が脆く落ちる頃採り入れて、熟し柿にするものと干し柿にするものとに分けた。
f0215591_23104516.jpg
風もあって気温が下がり小春日和が続くと次第に表面が乾き、途中で一回果肉を揉み解したりしてる内にそろそろいいかな?
以前は完全に乾いて粉が吹き始めた頃取り込んでいたが、柔らかい内に冷凍保存したものでも見事に粉が吹くと教わってからは、早々と取り込むようになった。

去年冷凍保存しておいたものは先日すべて食べ尽くした。
柔らかくて真っ白に粉が吹いて歯に沁みるほど甘かった。




[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-18 23:07 | Life

山芋

午後、ある講習会があった。お仲間と誘い合って参加、40人近い参加者は予想外で大変賑やかに盛会に終わった。
帰りにその一人Sさんが皆さんに分けてくださったお芋。手芋。
f0215591_22385695.jpg
すんなり長い長芋とは違って手のような形をしているので手芋と言うのだそうだ。とろろには多目のお出しで延ばして頂く。北信地方での松代を産に持つ長芋とは違って、この地の方々には手芋の評判がい。
すりおろすと長芋よりも粘りが強く、お箸でつかめそうにモッタリしていて味も濃い。
確かには松代の砂地で出来るお芋はさらっとしてて、粘土土で出来るモッタリ感との質の違いはある。我が家でも軍配が少々押され気味だが、どっちがどうってことも無いのだけど、この時期保存食として準備するのは皮も引きやすく愛着もある長芋の方。
・・とそこへ夕方、心強い助っ人が現れた。
撥ね出しだけど良かったら・・・とOさんから。 
f0215591_23012421.jpg
暖かい日が続いてどこのお宅でも冬囲いの準備がどんどん進んでいるようだ。
みなさんごちそう様です。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-17 22:51 | 自然

発酵食品

f0215591_22245927.jpg
運転中のラジオから「全国発酵食品サミット」なる物が開催されると言うことを聞いたのは先週。
場所はホクト文化会館及び周辺広場。 行って見ようかな? 漠然とした思いを抱いたまま気にも留めないでいたら今朝、携帯の今日の予定が知らせてくれた。
f0215591_22223351.jpg
“行ってみよう”の気になって早お昼で家を出た。初日の今日はオープニングセレモニーとイベント、県内ご当地関連の発酵食に関わる品々、70近いブースでのPRと試食試飲。もちろん県外品もあった。
f0215591_22300742.jpg
f0215591_22320118.jpg

f0215591_22264176.jpg
お味噌の出荷は全国1位、日本酒は2位、漬物は3位と、県下各地域で色々な発酵食品の生産が行われてきた事や、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されると伝統的な日本食が見直されるようになったことなどの講演やパネルディスカッションが行われ時間を忘れて聞き入ってきた。
f0215591_22284835.jpg
正直、家人は酸くなった沢庵、白菜、野沢菜などが大好き。今年漬けた丸ナスの粕漬けがもう酸くなり始めて、粕がもったいなかったなぁと思う傍らで、美味しい美味しいと言ってくれる。美味しいうちにどんどん。。。
可愛いくまモンの存在が大きな役目を担っていた。来年は熊本県だそう。
f0215591_22331226.jpg
f0215591_22335499.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-16 22:51 | Life

今年の大根

f0215591_22114011.jpg気温がぐっと下がり、霜も何度も下りるようになった。
そろそろ大根が凍みない内に収穫しないと・・・
そんなことを気にしながら家人は、芝のクローズも近くなって
こちらも忙しい最後のゴルフに友人達と出かけた。
遅いスタートだから終わるのが遅く、
慰労会があるから夕食も不要とのこと。



そっか、、、 お天気は暖かく上々。留守の合間に頑張って大根を掘ってしまおうと思い立った。私一人で!。
f0215591_22155384.jpg
このあたりは粘土土、しかもお湿りが無いから相当硬く掘りにくいかもと思ったら、ヒョイッと簡単に抜けるのもあればかなりの力を入れてもグラッとしないのもある。
f0215591_22174533.jpg
去年この仕事で腰を痛めたので力任せには抜かない。硬いのはシャベルの力を借りた。
土が湿ってると拭い落とす余計な手間があるけど、乾いてるのできれいな状態で掘れた。葉を切り離して陽の高い内にすべて物置に運び終えた。
 
びっくりするだろうなぁ~
喜ぶだろうなぁ~
明日まで内緒にしとこうっと! 



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-15 23:06 | Life

音と光

f0215591_22042301.jpg
普段携帯はバッグに忍ばせてることが多く、着信があっても咄嗟に出られなかったり、電話かメールかあとで確認することが多い。LEDライトが点滅してそれらを知らせてくれるのもありがたい。

ラインを始めた頃、それと分かる通知音や、緑色のフラッシュライトが今までのそれと違って新鮮に感じた。
このことがきっかけで電話、メール、予定表、SMS、インストールしてるアプリからの広告、通知・・・etc、
その独自の音と光(点滅する間隔)が微妙にみんな違うのを知った。
先日、今まで聞いたことの無い音と光を放っているのをみて驚いた。
電池残量を知らせる赤いランプと致命的な警告音?笑
日ごろチコチャンに何度も“喝”を入れられてるのに、今頃になって今日また一つ新しいことを覚えた。
f0215591_22004692.jpg



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-14 23:58 | Life

「お詫び」

家人は昨日の道祖神様への不始末のお詫びに? お神酒をあげてくる?と朝一番に出かけた。 
周囲にもぐるっと、お祓いなのかお清めなのかしてきたという。
怪我をしなかった事や今後も何事も起きませんように(バチが当たりませんように)・・・と、真剣に考えたようで、話を聞いてちょっと温かな気持ちになった。
f0215591_22273761.jpg
先月友人から頂いたラ・フランス、暫く追熟させておいたら丁度食べ頃。
口の中で上品な果肉がとろけた。 
f0215591_22310888.jpg
一日気温も上がらない寒々とした日だった。
明日はもっと寒くなるらしい。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-13 23:02 | Life

あ~ 何てこった!

トマトやキュウリの棚を壊してきれいになった畑を耕すという家人。
午後トラクターを乗り出して作業に出かけた。

道路と畑の境に鎮座されてる道祖神様。
子供たちが小さかった頃は2月8日の道祖神祭りには決まってお参りした。
村人の厄除けや子供たちの健全な成長を祈るお祭りで、ご近所のMチャンのお爺ちゃんはとても器用に藁で馬を作り台座車に乗せ、そこにぼた餅やお団子も載せて道祖神様までガラガラ引かせた。
近所の家々もそれぞれお団子を丸めたりしてそこに行ってはお供えし、よそ様がお供えしたものと交換して頂いて来る慣わしだった。
昔、排水溝を工事するとき一旦避難されたがその後ずっとこの場所に鎮座されてた。

大根を取ろうと何気にその畑に行くと、何やら家人の様子が・・・。
トラクターの向きを変えようとロータリー部分をクルッと回した拍子に、何ということか“ゴツン!!”とやってしまったと言う。
f0215591_19132526.jpg
そしてトラクターも壊れた。
f0215591_19140372.jpg
抱きかかえて起こそうとするが、どうにも重い。頭部が持ち上がりさえすれば何とかなると、タイミングよくつかまって助っ人の手を頼まれたが、大根を抜いていて腰を痛めた過去からご丁寧にお断り。
親戚のKちゃんに重機をお借りしようとしたらしいがお家は留守。 
まぁ、焦らずボツボツ・・・と言って大根抜いて帰っては来たものの、帰宅して夕食の準備を始めても気になって仕方ない。
もう一度様子見に行くと、何と元通りになっていた。 
どうなるかと思った、ほんとに良かった。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-12 22:51 | Life

セカンドライフ

近くには何十年も空き家になったお宅がある。とはいえ生家。ずっと何方も住まわれていないが、ここに生まれ育ったご長男さんは夏・冬、また間の長期お休みには何度か帰省されて、家の手入れをされてる事を人伝いにお聞きしていた。
我が家の畑の隣にはそのお宅の畑がある。
帰省されても畑までは手が回らず、何年も荒れ放題だった。今のお住まいは千葉県。10年ほど前リタイヤされた後、ここの畑の一部分を大々的に整地された。その畑に仕事に行く家人とは時折顔を合わせることがあって、世間話やら野菜作りの話やら何かと交流してる様子。
一昨日の町内コンペにご一緒されたり、マイカー帰省だったのを高速バスに変えられたとか、奥様が亡くなられて5年になるとか。。。
f0215591_15011782.jpg
ここ数年家庭菜園を始められてからは頻繁に帰省されるようになった。
放って置ける物ばかりだと笑っていらしたが、馬鈴薯、葱、かぼちゃ、サツマイモ、花豆、今年は落花生も収穫された。
お宅の庭には大きな柿の木もあって、手の届くところから捥いだ柿で、干し柿や熟し柿を作るともおっしゃる。
今日葱を取りに行ったら丁度タマネギの苗を植えていらっしゃった。しっかりマルチシートで土台を作り作も本格的な数だった。お化けの様なサツマイモが採れたことや、長いラグビーボールのようなカボチャが好評で来年の注文を受けたとか・・・
とても嬉しそうに楽しそうに話された。
ひと決まりつくと「じゃ、お先に帰ります!」後ろ向きに大きく手を挙げて挨拶されて行かれた。
千葉のご実家と生まれ故郷でのセカンドライフ、傍らで見ていても実に生き生き輝いて、健康であってこその感を強く思った。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-11 23:58 | Life

晩秋の庭に咲く花

何となく薄暗く感じる今朝の外の気配。
カーテンをそぉっと開けてやっぱり!。でもじきに雨上がって明るい陽が射した。今日はお日様マークが並んでたはず。
少しひんやり気持ちのいい庭に出て、頑張っている花々を見て歩いた。

f0215591_14571699.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-10 23:42 | 花・庭木

はちや柿

今年は豊作。 
f0215591_14025307.jpg
生らしすぎた若木は毎年ポトポト落果。実が大きく重いのだ。以前の日記に何度も書いたけど小さい時の思い入れがあって数年前植えてもらった。ずっしりモッタリとした果肉、一つ食べると十分過ぎるくらいのボリューム。遅くまで木においたので中でも柔らかくなったのは渋が抜けてるのもある。
豊作だから今年は試しに少しだけ干し柿にもしてみた。
玉に傷は少し種があるので途中一度身を揉み解す時に分かる範囲で種をぬいてみた。これは結構厄介仕事、やっぱり熟し柿仕様かな。
今日最後の収穫、最大の大きさは、250g
f0215591_14051981.jpg


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-09 23:58 | Life

感じたこと。   ♪冬が来る前に  

f0215591_13560367.jpg
先月あたりからお教室で暖房が焚かれるようになった。
年齢層が色々だから体感温度も様々。寒く感じる人は傍に席を取って腰の当たりを暖め、あついと感じる人はその設定温度に驚く。特別寒がりでも暑がりでもないが、自分のことは自分で・・・、先日大箱で買ってきたホッ○イロを腰の辺りに一枚貼って行ったお部屋が暖まってどなたか“25度”だと驚かれ、きっとその後Offにされたのだろうと思う。
ちょっと考えさせられた大勢の中の自分のあり方。
暖房の切れた夜の9時と言えば、寒さが身にしみてくる気がするが、1枚貼って行った効果で会が終わるまで心地良かった。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-08 22:46 | Life

新しいお米

暖かな立冬。新米が届いた。
寒さも一時的に和らぎずっと心地良いお天気が続いていてうれしい。
友人のお宅では今日籾摺りが予定されてて、これが済むと一通り秋の収穫が終わりになりホッとするとおっしゃっていた。その頃になると収穫のお祝いとでも言うのだろうか、子供の頃の故郷の思い出の一つとして、秋になると何より楽しみにしていたえびす講が方々で催され、その様子が鮮明に蘇る。
稲刈りが終わると鎌上げと称して、刈り取った稲穂と鎌を神棚に備えた。稲コキは暗くなるまで頑張った。田んぼが多かったからその作業は幾日も続き、雨が降りそうな日があると田んぼや庭先に“にお”を作って稲束を積み上げた。すべてが片付く頃はえびす講の時期。ご褒美としてデパートに連れて行ってもらい、新しいトッパーや靴下、肌着など欲しい衣類を買ってもらった。美味しい外食を食べられるのも(ラーメンが嬉しかった)とても嬉しかったのを覚えている。
f0215591_13411688.jpg
叔母さんの家の新モチ米(五郎兵衛米)は今年から届かない。仕事の忙しい若い方は米作りをされなくなった。今年から家人の友人にお願いしたもち米、田んぼをお貸ししてるHさんから“年貢”と称して毎年頂くうるち米、今日同時に届けられた。夢中で手伝った子供の頃の秋の採り入れを思い出しながら、新嘗祭の気分を味わわせて頂きたいと思う。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-07 22:58 | Life

秋を愉しむ

夕べから降り続いた雨が朝まで残った。も、昼前にはすっかり明るくなり、乾いた地が少しだけ潤った。

庭の木々の紅葉も例年に無く見事な色付きを見せている。
f0215591_13184509.jpg
f0215591_13192649.jpg
f0215591_13211197.jpg

昨日“これでお終い!”と、丁寧に産毛が包まれた袋掛けのマルメロをいただいた。
f0215591_13231145.jpg
Tさんには以前にも頂いて蜂蜜漬けにしたことやジャムにもしたことを報告したら、ジャムは作ったことが無いから自らも挑戦されるとおっしゃっていて、これはそうされた残りだと言う。捨てるのはもったいないとは言っても、シロップ漬けはそんなに必要ない。5つはOさんにお入用かどうかと覗うと、花梨漬けは最近作らないとのこと。それでもジャムは作ったことが無いからやってみたいと、半分押し付けにも似たお裾分けを届けた。
お蔭様で毎日頂く3種のジャム(紅玉・ハックルベリー・マルメロ)
f0215591_19522495.jpg


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-06 23:10 | Life

お一人様の日

11月も入ったかと思ったら、あれよあれよと日が過ぎて今日はもう五日。
午後臼田の会に出席。その後のお楽しみティータイムも、日が短くなると帰りの時間が気になるようになった。それでも恒例となったお店には“ちょっとだけね”と顔を出す。今日皆さんのように忙しい思いをしなかったのはお一人様の日だったから。
f0215591_13085487.jpg
家人はお仲間と“芦原温泉”  夕食は何しようかな。ひとり大ご馳走にしようかなぁ、それともあるもので済ませちゃおうかな・・・結局色んな手間を省いて、あるもの集めてゆっくり寛いだお一人様の夜。
遅くに、東京組から声の便りがあった。静まりかえったお一人様の家がとっても賑やかで嬉しい夜になった。
ありがとう♪



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-05 23:53

休日    ♪さらばシベリア鉄道



チビちゃんたちがやって来た。あれもこれも一緒にしたい事満載で、飛び跳ねるようにやって来た。今日は沢山やりたいことあるから、宿題もみんな片付けて来たって。やりたいことは毎回決まって・・・笑。
子供のうちは子供にしか出来ないこと、好きなだけ思う存分すればいい。と、じいちゃんもばあちゃんも大甘。この日ばかりは両親も普段よりタガを緩めてる様子。 
f0215591_10281696.jpg
子供の頃の私は、何てったって遊ぶことが先で宿題は後回しだった。今でもやらなければならないことを切羽詰らないと腰が上がらないのはそのまま、一向に直らない。
畑のお仕事少しだけ手伝って、午後はみんなで出かけてお風呂に漬かってパジャマに着替え、帰りの車中では爆睡だったとか。Uちゃんが“家に着いて、もし寝ちゃってたら起こしてね”パパとママにそう言ってるのが聞こえた。楽しかった夢の続き見られるかな?




[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-04 23:19 | Life

紅葉・雲場池

数日前TVで雲場池の模様を伝えていた。それ以前に行った友人が見頃だと教えてくれたので近い内に・・・今日、買い物ついでに回ってみた。休日だからきっと混むだろうと時間をずらして遅く向かったが、池の周りのあちこちにカメラを構える人、ひと。
ぶつかったり詰まること無く周囲の紅葉を愛でながら皆さんお行儀良く左回り通行。
水面に映る赤や黄色の木々、今年の紅葉は一段と美しかった。
f0215591_20253055.jpg
f0215591_20272884.jpg
f0215591_20281188.jpg
f0215591_20290405.jpg
f0215591_20295306.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-03 23:01 | 自然

小菊

昨日友人から小菊の鉢を3つ頂く。
毎年必ず下さるので申し訳なく、自分でも出来るのではないかと何度か挑戦した。
肥料が足りないのか、出来は毎回チョボチョボ。今年こそはと思い肥料をつぎ込んだが、鉢に取らないでいたら乱れた形で茫々となった。
f0215591_20160437.jpg
f0215591_20163850.jpg
でもこれでいいんですよと。形は悪いけど1本の苗から横芽が沢山伸びた。
お蔭様で花の種類も増えたから・・・Kさんありがとう♪ 来年こそ!。
f0215591_20184914.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-02 23:01 | 花・庭木

郷土の文豪を偲んで  ♪惜別の歌

f0215591_19183360.jpg昨日も寒い寒いと大騒ぎしたが、
今朝はもっと冷えた。

けさもバケツのたまり水に2ミリほどの氷の蓋ができた。

指で突いても割れない。そっと外してそぉっと摘んだお花を透かして遊んでいたら
すぐにパキっ!!って割れて落ちた。


f0215591_19213672.jpg
f0215591_19234435.jpg
日中になってもあまり気温が上がらなくて、腰にホッ○イロ張っての寒さ対策。
藤村記念館、開館60周年を記念して軽井沢図書館、青木館長さんが記念企画に出演されるとのことで、先日お世話になった御礼を兼ねお仲間の皆さんと記念式典に出かけた。
f0215591_19262479.jpg
f0215591_19245621.jpg
地元の小学生によるオープニング“椰子の実”の斉唱に続き、地元出身の声楽家の独唱、小学生の合唱、朗読、リコーダー演奏をはじめ、現在に至るまで愛唱されている数々の歌曲や詩の朗読にじっくり読み砕きながら耳を澄ますと、改めてジーンと胸に迫ってくる。
青木さんは「千曲川のスケッチ」から6箇所ほど抜粋して朗読された。個人的にはお気に入りの“章”を取り上げていただいたのが嬉しかった。
当時と変わらない落ち着きと風貌は某局でご活躍されていた当時を彷彿させた。
控え室にご挨拶に伺うと。全く面識のないまさかの訪問者にとてもびっくりされた。それもそのはず先日60人の初対面の中のたった数人なわけですから。。。
事情が通じた暁にはそれは喜んでいただいて嬉しかった。




[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-11-01 23:13

今季の冷え込み更新!  ♪忘れな草をあなたに

f0215591_19095107.jpg
車のフロントガラスが一面凍りついた。
バケツに薄氷が張って、揺らすと儚く砕けた。


その内この厚さが5センチ以上にもなるのだから、まだまだ寒さは序の口。
さあいつでも!の覚悟は徐々に備わってくる。その前に“秋”を楽しまなくっちゃ。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-31 22:56 | Life

ピーマンの葉っぱ

f0215591_18531251.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-30 23:52 | Life

会津で「高遠そば」

f0215591_11281837.jpg
福島県南会津、旧会津西街道の両側に茅葺屋根の民家が立ち並ぶ一帯が大内宿。
一年を通して四季折々の景色を見せ、“是非この時期に!”と言う事は無かったが、是非いつでも行って見たいところの一つだった。
道中降ったりやんだりの空の下を何度もくぐり、目的地の様子が気になるところだったが、近づくにつれそんなそぶりも全く見せず、周囲の山々が錦秋に輝く最高の旅日和になった。
f0215591_11285413.jpg

ここで是非挑戦したかったのは「高遠そば」。「高遠そば」とは、昔、信州伊那市高遠で食されていた食べ方が会津の方達に「高遠そば」として引き継がれ時代を経て今、高遠では途絶えていたものが再び高遠の町で会津とは異なる形で供される様になったとのこと。
f0215591_11322243.jpg
f0215591_11325910.jpg
下調べをしていった人気店は1時間以上もの待ち時間。さっさと諦めて比較的空いてたお店に入って“葱そば”を堪能した。
葱をお箸代わりにそして薬味としてかじりながら頂くそうだ。
「是非挑戦してみてください、ぉ葱は丸々食べなくて必要なだけ上がってください」お店の方が親切に説明してくださった。葱のお箸は中々自由にならない。かじっても辛い中身が切れるだけで周りはうまく噛み切れない。頑張ってやってみたり歯がゆいからお箸を使ったりして興味深く楽しみながら頂いた。美味しかった。
f0215591_11395580.jpg
車で20分ほど、福島県下郷町に移動。長い年月をかけて自然が作り出した谷、塔の形が立ち並ぶ断崖と言う意味の国の天然記念物「塔のへつり」へ。
何度も何度も目にしたことがあるこの景色、もしや以前に来た事があったかも・・・と言う錯覚に陥いるほど見慣れた景色。一度も来たことが無いのに・・・
f0215591_11431912.jpg
f0215591_11440035.jpg
周囲の紅葉がため息が出るほど見事なコントラストを描いていた。木でできた吊り橋を向こうまで渡った。一人歩くだけでゆらゆら・・。大勢で歩くとギシギシゆらんゆらん!つかまるロープに力が入るが、
f0215591_11465839.jpg
揺れてバランスを崩したら下に落っこちてしまうのでは?と言う十分なスリルを味わいながら駐車場に戻ると、行きがけには気が付かなかった真っ赤に燃えるカエデに気持ちが和らいだ。
f0215591_11475013.jpg
商魂逞しいお土産やさんの呼び込みを傍らに、年老いたおばあちゃんとお嫁さんらしい老婦人のお店でお土産を買った。「こんな小さなお店は太刀打ちできません」そうおっしゃった言葉が印象深かった。
ちょうど見頃の山々の紅葉、山里の佇まい、どこか生まれ故郷や今住む町に似たところがあってとっても好きな所だ。 是非又行きたいと話した。
f0215591_15375642.jpg


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-29 23:06 | Life

柿の渋抜き   ♪小さな木の実



少し前、時に食べるだけの柿の渋抜きをした。いつもの焼酎ではなくて“食用アルコール”だと3・4日で抜けるとお聞きして試してみた。ヘタの付け根の取っ手を引き抜きそこにアルコールを含んだ麺棒で塗ると言うもの。
f0215591_11145308.jpg
その後は焼酎と同じくしっかりビニール袋に密閉し、物置の陽のあたる窓際に三日ほど保存した。さて4日目、小さく切ったのを試しに一つ。うぅ~ん?? 渋っ! 全然抜けてない。笑
そのまま元に戻して数日、と思っていたのに結局いつもと同じように1週間。柿の種類なのか妹の所の柿は、日が経つと皮が黒く変色してくる。どうであれ甘柿のない我が家にはちょっとした手間で今年も、“医者要らず”にお世話になるのです。干し柿作りにももう少し頑張る。
f0215591_11171355.jpg




[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-28 23:07 | Life

ムラサキサツマイモ

Tさんは健康志向で色々なものを作られる。春先頂いた苗は、ゆでるとぬめりがありお浸しや天ぷら、味噌汁など、長きに亘って収穫できる「オカノリ」、肉厚の葉でしっとりした感触、刻むとヌメリが出る「オカワカメ」の2種類。
何れも栄養価に富んだ葉を摘んで頂くもの。木が1m以上にもなったりツルが伸びたり初めての物で扱いに戸惑ったけど癖もなく結構美味しいものだ。
今日は又、紫サツマイモを沢山お持ちになって皆さんに分けてくださった。
f0215591_11034259.jpg
見た目は普通のサツマイモと違いはないが、中がムラサキ色。態々買った事がなかったので初めて味わわせて頂いた。中が紫色という以外遜色ない。
f0215591_11042491.jpg
我が家は殆どほっくり甘い「紅アズマ」だった。普段あまり好まないのに最近しっとり系の「紅はるか」(コマーシャルなどの影響?で)が良いという方が現れた。この紫サツマイモの話題になると・・・ぅ~ん、甘みがちょっと、だそうな。
ともあれ暫く楽しませていただけて嬉しい。
今夜は満月。
f0215591_11063114.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-25 22:58 | Life

来年へ繋ぐ

                       
f0215591_10552901.jpg
                                              (オオデマリが咲き出した)
たまねぎの苗を植える時期、今年は少し遅れ気味でか弱く、暫く様子見していた。
いつもマルチシートを張って開けた穴に1本ずつ植えていくところ、去年からシートは敷かず、お田植えの要領で歩きながら大体等間隔に置き、土を寄せるやり方に変えた。昔取った何とか・・・で、この田植えスタイルはお手の物。
“だから頼まないわけには行かないよ”なんて煽て言葉に気を良くする単純者。
伸びたり縮んだりしながら、去年の半分3000本ほど、全部植えるまで体力温存しながら3回に分けて頑張った。
f0215591_10512265.jpg
2・3日前に植えたのもしっかり根付いた。こんなに細い身体だけど逞しい。このまま冬を迎え雪中で冬眠、春、眠りから覚めると又元気に成長を続ける。
家人はこれから出る籾殻を友人から頂いて薫炭にし、それを畝の間にたっぷり敷く。ぬくぬくなお布団作りに今暫く忙しい。

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-24 23:31 | Life

ザクロ

いつ、誰が、どうして庭に植えたのだろう。
全く覚えがないが、伸びた枝を適当に剪定を繰り返して、実が付いたり付かなかったりしていたザクロ。
でもこのきれいで可愛い実が一つでも生ると絵になり、嬉しかった。
義母もまたこの酸っぱいザクロが大好きだった。少しずつ美味しそうに口に含んでいた。
f0215591_02000200.jpg
今年は豊作で沢山実をつけた。待ってる人が居ないと思ったら収穫も疎かになっていつまでも眺めていたが、
今日全部木から外しお仏壇にお供えした。
もっと早く取らなくっちゃいけなかったですね。ごめんね。
f0215591_02010323.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-23 22:52 | 花・庭木

さむ~~  ♪秋冬

f0215591_01450491.jpg
一面朝霧が立ち込めるこの秋一番の冷え込み2℃。
少しずつこうして冬の気候に身体が順応していく。
先日来暖房に頼ってさすがに今からこんなことでどうする!って自身に喝を入れた。着る物で調節して今朝は敷きカーペットだけでおコタにスイッチを入れるのは我慢した。
ほらっ、やればできるのに・・・。




[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-22 23:34 | 自然

浅間山に初雪が降った

朝一番の全国ニュースで浅間山の初冠雪が報じられた。
ニュースを聞いてカーテンを開け山を眺めたが、一面雲に覆われその様子を窺い知ることはできなかった。
f0215591_01311885.jpg
今日は9月長野でのセレモニーに参加できなかった地区関係の受賞者を対象に、改めて地区表彰の授賞式が行われる日。
その準備で朝から出かけた。途中時々雲間に顔を覗かせた浅間山は間違いなくうっすらと初冠雪。集合時間が迫る中ゆっくりその様子をカメラに収められなかった。
中央展の式典に参加できなかった方々、子供さんはじめ皆さんにとってこれがきっかけとなって層が広がるといいなぁと改めて思う。
f0215591_01353475.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-21 23:11

紅葉狩に行くも、また。。。

f0215591_01114730.jpg
最近「米子大瀑布」の紅葉見頃をTVで連日のように映していて、懐かしさで今年はどうしても行って見たい衝動に何度も駆られた。
今日は何が何でも・・・と思っていたのに現地はまたもや雨予報。
ここは曇天、次第に雨、って言ってはいるけど、もしやの期待を込めて見切り発車で家を出た。
きれいに染まり始めた菅平は霧が巻いていて今にも落ちてきそうな様相を見せていたが・・・行って見ないとわからない。家にいても今日は何の予定もなかったのだから。僅かな期待を掛けながら先を急ぐ。山への入り口にくると、この時期の混雑を避けたマイカー規制の看板が目に付く。山の天気はどうでしょうと係りの方に尋ねた。
「朝から何台もバスが出てるのでかなりの人は入ってますが、山は今、雨が降っています」とのこと。雨だと足元が悪い箇所があるから今日は止めたほうがいいと。シャトルバスの発着所をお聞きしたのでそこにも行ってみると、これから発つバスの乗客は空っぽとのこと。そこまではっきりするとさすがに諦めが付いた。
こんなことにもなろうかと山行き着を着替えて長野に向かった。長野は晴れていたのに。。。。
あれもこれも用を足したかったけど、冬支度の買い物をした後は欲したたっぷりの甘い飲み物「キャラメルラテ」でゆっくり喉を潤した。
f0215591_01221551.jpg
本来の目的は今日も達せず残念だったけど、お気に入りの買い物ができて満足な一日になった。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-20 22:41

展示作業

9月の中央展会場(長野)を皮切りに県下9地区12月まで順次巡回する県書展。いよいよ当地方にやってきた。
f0215591_00591398.jpg
午後からの展示作業、平日とあってどうしても高齢者の顔ぶれが多い中、昨年あたりから出品者の子供さんのご父兄の方々のお手伝いが目立つようになり、かなり効率よく進められるようになった事はとても良かったと思う。
f0215591_01005789.jpg
会場に整備されたドウダンツツジの紅葉と、ユリノキが毎年色付きの目安になっていたが、今年はやや遅れていそうな。カツラの黄色の葉だけは落ち始めていた。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2018-10-18 23:01 | Life


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 02月
2017年 12月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 10:02
素敵なマフラー、いいなあ。
by saheizi-inokori at 10:23
こんばんわ^^。 そう..
by waku2-tuduri at 00:58
月の出も見ごたえがありま..
by saheizi-inokori at 22:44
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 10:57

最新のトラックバック

検索

タグ

(418)
(194)
(91)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧