タグ:貴重品 ( 7 ) タグの人気記事

カリカリ梅漬け

f0215591_27205.jpg

梅をつけて10日くらい経ちました。
漬けた量はたったの4K。
正直言って何年も漬けなかったので自信がありません。
思った様に水が上がってこないので、毎日何度も上下ゆすって入れ替えていましたが
漬かったのか、いないのかの加減が分かりません。
今日出してみました。
と、いうのもこの生漬かり状態の青梅が義母がとても好きなのです。
おぉ~!!  想像しただけで唾が出ますね~
包丁で平たく強く押してゴリッ!!
種も見事に離れます。
味もなかなかのようですよ。
畑に行ってみないけど、シソの葉は小さくてまだまだだそうです。
おいしいときに食べるのがいいよね?
で、シソも間に合わなく、もうかなり少なくなってきちゃいました。^^;
f0215591_1575336.jpg


「梅干も作る? 小さくても良ければ沢山生ってるよ?」
どこからとも無く聞こえてきます。
無ければ食べないけど、あれば食べるよね。
よっしゃ!  もうひと頑張りするかな?

✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣

これも小さな火鉢です。
f0215591_20961.jpg

3ヶは6角形の形、一つは丸い形の同じ焼き物です。
f0215591_24913.jpg

手あぶり?とかって母は言ってましたけど
それぞれどんな時に使ったのでしょうね。

はい、はい、変なものをやたらに貰ってきてどうするの?って
私も思ってます。
いずれ処分するでしょうね、きっと。
でもそれはいつだってできるもんね。
[PR]
by waku2-tuduri | 2013-07-03 23:55 | 古きもの | Comments(4)

雨上がりのつれづれ

ずう~っと降り通していた昨日の雨は午前中まで残り
午後になってやっと大きなお日様が顔を出しました。
気温が低いので雨上がりのしっとりした空気は気持ちがいい~~♪
f0215591_8262749.jpg

f0215591_8265062.jpg

植物たちも生き生きして・・??
庭の草??、

見ない! 見えない! 知~らない!!! っと! (>_<) 

✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣

黒いほうずき
f0215591_875371.jpg

f0215591_844025.jpg

赤いほうずきは地下茎でどこへでも伸びていくのに対して
これは、毎年種をパラパラパラ撒き散らしておくだけなのに
その発芽力はすごい!
構わないで放っておいても自然淘汰されるのでしょうか。
勿体ないので草の多く生える所に移植しています。
花も実も可愛く名前も似てますけど全く異種類の物のようですね。
これは赤いほうずき
f0215591_863962.jpg


これは何? 
f0215591_84514.jpg

蓋付き容器にお盆?らしい物も付いた3組セットになっていて
“おひつ”かと思ったら、母の話では
昔はお産のあった親戚に、米の粉を挽いたのをここに入れてお見舞いに持参したのだそうです。
そんなことに使ったくらいだから、
とてもきれいなまま保存してあります。
で、何に使う?
何でもいいから頂いてきました。笑
[PR]
by waku2-tuduri | 2013-06-27 23:59 | 古きもの | Comments(4)

捨てられない  ♪万里の河  

もう一度聞きたいこの曲 ≪万里の河≫


朝からず~~~っと雨。
ここばかりではないんですね。各地で大雨とか。
こんなにシトシト長雨は、梅雨入りしてから珍しいです。
ありがたい雨ではありますが、そろそろ・・?
いえいえ、わがまま言いません。
梅雨を楽しませてください・・・・。

✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣

先日実家から懐かしい物や興味あるものを頂いてきました。
目利きではないのでその価値や使い道の分からないものも沢山あったけど
蔵を壊すことになってすべて処分予定のものなのです。
兄のいない実家はもう覚悟を決め、次世代にすべてお任せしました。
でも・・処分はいつでも出来る。
未練がましく・笑 みんなに笑われながら頂いてきたガラクタの中で
これらは子供の頃お客様用に使っていた懐かしい一品です。
f0215591_15155121.jpg

赤い朱塗りのお皿、何に使う?
まったく予定はありませんが、傷一つ無い物・・・捨てられません。
何枚かお揃いのところ妹と分けました。
f0215591_15164356.jpg

漆面に立体的に塗られたエビを模った蒔絵、
目はじめ、所々に螺鈿細工を施してあるお吸物椀。
こんなものいまどき使う?
皆に笑われましたがこれも使わないなら頂きます。
古い和紙に包まれ木箱に入って、これだけでも宝物。私には捨てられません。
処分決まりのガラクタをいくつか集めて持ち帰りました。
f0215591_15174896.jpg

f0215591_16464238.jpg

捨てられない性分に加え、
年々ノスタルジックな思いに浸ることが多くなった私なのです。
これも加齢の所為なのでしょうね。^^;
[PR]
by waku2-tuduri | 2013-06-26 23:36 | 古きもの | Comments(2)

年代物

f0215591_2043474.jpg

数年前、土蔵を壊すにあたって昔の物の処分をどうするか悩んだ。
ギーコギ-コ・・・足コギの脱穀機やトーミ
火鉢やかめや壺、徳利や御膳や食器類。
この時は一応義弟達にも立ち会ってもらって
欲しい物があったら持って行ってもらう様に言ったけど
東京暮らしの彼らは興味も欲も無いし、全部処分すればいいと潔い。
粗方処分した中で、唯一こんなもの。。。。と笑われたけど
二つは容赦なく潰して、この真っ黒にすすけた「長持ち」を残してもらった。
いつの時代の物なんでしょう。
f0215591_19532843.jpg

中に子供のお雛様のケースを収納しておいた。
お雛様は段飾りを飾るのに精一杯で、20体近いケース飾りはあまり出した事が無かった。
当時、女の子が生まれると、母親の親元から段飾りをお祝いに用意してもらい
他の親類縁者からはこぞってケース飾りを頂いた。
端午の節句も同様、鯉のぼり一式は親元から、子鯉や武者人形などは親戚から頂くのが風習だった。

どこのお宅もそうでしょう。
立派に成長すると中々出すのもおろそかになり
お雛様達はこの長持ちに入ったまま。
そして又、場所塞ぎになって・笑 再びどうしようかと悩む。
やっぱりお雛様は処分できない。きれいにして再び戻す事にした。
一つは物置に置いて、野菜収納庫に。

いずれその内に、古い物の処分に思い切った決断が必要となるのでしょうね。
[PR]
by waku2-tuduri | 2012-01-13 22:52 | Life | Comments(0)

古き良き時代のお宝?

少し前の私なら処分していたかもしれません。
f0215591_0112151.jpg

2年程前、土蔵から出てきた年代物の皿たちの、一部です。
手頃な大きさの物だけ食器棚に積み上げたままだったのを、引っ張り出してみました。
f0215591_0123445.jpg

古い物に興味が無いわけではないけれど、器物には事欠くことが無くて
いや、頂き物が多くて使い切れないでいるからです。
日常使いにはそのようなもので充分足りているので、興味のある焼き物や
趣味の器などいいナと思っても、無駄使いに思えてなかなか買えません。 
ケチなんですよネェ~006.gif
“古いものほど使い込むことで価値があるのよ”  
って友人のSさんが仰っていたのを思い出して
思い切ってこれらを普段使いに下ろそうと思いました。
f0215591_0133169.jpg

いつの時代の物なのかもはっきりしませんが、当時のお料理や生活様式に
思いを馳せて使わせて頂くのもロマンがあっていいでしょ?

唯一心配なことは。。。。

ちょっとワタクシ、そそっかしくて・・・おっちょこちょいなところがありまして・・・
・・・・・こういうと、可愛く聞こえますが、
ガサツなところがありまして・・・
もしかしたら・・のお宝?を、ガシャンとやっちゃうんではないかと・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

器が素敵だとお料理もグッと見栄えがして、いっそう際立って

美味しそうに見えるでしょう?

私のお料理には、ぜひそのテクニックが必要なんですけどねぇ。笑

こんなアンティークな器でも一役買ってくれそうかしら・・・・。

f0215591_0151016.gif

[PR]
by waku2-tuduri | 2010-07-29 00:24 | 古きもの | Comments(0)

宝物・・・Sちゃんからの手紙

捨てられない物って沢山あります。
本・洋服・今使わなくても使うときがあるかもって思う雑貨。
特に思い入れのある品物や子供の成長記録となるとなおさらですね。
自分の子の物となると沢山あり過ぎて、長い年月残しておくには品物や
期間に限りがあるけど、他所様からの物ってなると
そう簡単に捨てられない。
f0215591_20335128.jpg

整理してたら出てきた宝物。彼女が5歳くらいのものだと思う。
いいお嬢さんに成長されて、嫁がれる日もそう遠くはないでしょう。
そんな日まで大切にしようと思う。
[PR]
by waku2-tuduri | 2010-06-14 01:43 | 古きもの | Comments(0)

自家製 『ハチミツと地豆』

f0215591_9227100.jpg

アカシヤの花から採られたハチミツ。
家庭菜園で出来た地豆。(落花生)
最近お二人の方から貴重なお品を頂きました。

<地豆>
    花後、地中にて結実するので「地豆」とも「落花生」とも。
    昔を懐かしんでお遊びで作られたそうですが、意外と収穫できて
    おすそ分けとのことです。
    今ふうにお皿に並べてチンすると、買ったようにきれいに仕上がるし、
    昔の生活に思いを馳せてフライパンで根気良く炒ると、これまた
    香ばしい香りが部屋中漂って、何とも言い難いこころ和む食べ方。
f0215591_9231291.jpg

        早速、夫のおつまみに両方やってみる。お豆がいいからどっちもおいしい~♪

<ハチミツ>
    ご趣味で蜂を飼われ、いろんな花の蜜を採集されるとのこと。
    これは去年の『アカシヤ』
    とてもきれいに濾過されていて透明度もあり、おいしそうですが、
    『サクラ』はもっといいよ~ とのことで今年のサクラをお味見させて下さるとの事。
    サクラの蜂蜜なんてどんなんだろう。楽しみ♪
    これからさまざまな花が咲くと蜂を移動されるようですが、
    最近耳にする蜂が少なくなったお悩みはやっぱり同じようです。
     <生産者曰く>
      ハチミツは栄養もあるのでお顔に塗ってもしっとりするし
      美容効果も抜群!だそうです。
      どんなに若作りしても若さを取り戻すことはもう無理。
      せめて老化を最小限に抑え、今のまま維持できれば・・・
              なんて思わないでもない。
      高価な化粧品には手が出ないし、それを思えば安上がりかも。
      効果が本当だとすれば試してみてもいいかな・・・なんて気になってきた。  
      さすがの食いしん坊でも、
      食をとるか、美をとるか・・利用法にチョッとだけ悩む。   
      どうしても“効果抜群”がちらついて。。。。
      食7>美3でいってみるか!
           ↑これっぽっちじゃ期待できないかしら。。。。
    
f0215591_9245429.jpg
 
                     美<食    
   ・・・・いやいや、やっぱり顔に塗っちゃうなんてモッタイナイ。。。 
   
手をかけて収穫された貴重な自家製地豆とはちみつ。
   感謝しながら大事に頂きます。Kさん、Hさんごちそう様でした。
[PR]
by waku2-tuduri | 2010-03-06 09:28 | Life | Comments(2)


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 09:28
ついつい乗ってしまいます..
by saheizi-inokori at 10:24
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 09:27
>ノリ気、知りませんでし..
by saheizi-inokori at 09:49
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 13:28

最新のトラックバック

検索

タグ

(417)
(193)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧