梅ジャム

今年は梅シロップを作った。娘が好きだということを知って有り余る梅でシロップにしてやろうと思った。
簡単らしいが作るのは初めて。 梅にフォークでぶつぶつ穴を開け 梅2kg に 氷砂糖2㎏を混ぜただけ。
そのときの様子
f0215591_08082164.jpg
日に日にエキスが出てきれいなシロップができた。
残った梅の果肉は硬くてシワシワ。
これをホーロー鍋に移して弱火に掛け、酢を少し入れるとシワッシワの梅が次第にふっくら甦った。
そのまま様子をみると種から果肉が剥がれジャムっぽくなってきた。
f0215591_08141095.jpg
暫く味を見ながら煮詰めて、シワシワ梅の甦ったジャムの出来上がり!。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-22 23:03 | Life | Comments(0)

雨合羽

一日の内で雨・傘マークが必ずあって、日が近づくにつれ山の天気が心配になった。
というのも、もうじき山行きがあって立派な雨合羽と言う物を持っていない。
「立派でなくてもその辺にある物でいいのよ」って、慣れた人は言ってくれるけどその辺探しても雨合羽というものがない。
春の上高地へ行った時はウィンドブレーカーで小雨を凌いだ。そうそう、みんな傘も持って行ったけど差すほどでもなかったから必要なかった。
この先の予報では、当日辺りからお日様マークが顔を見せ、大丈夫だろうとは思うけど山の天気は用心したに越したことはない。
「山って言ったってね、そこまでロープウェイが連れてってくれるし・・・、傘でも良いよね?」
「傘だけじゃ駄目でしょう、 そうはいっても標高2500Mはあるんだから・・・」
益々心配になった。「昔山ガール」の人の言うことを聞かないと、そこで18日、ネットで探した。この際しっかりしたものを・・、懐具合でちょうどいいお店があったけど、発送まで最速4・5日では土日を跨いでは間に合わないかも・・・。
連絡欄にその旨を伝え最悪100均も考えて(雨合羽って100均にあるかなア)ポチッとした。
土日は休業日だから当然当てにもしていなかったのに日曜日の午後お店の担当者さんから思いがけないメールを頂いた。
追跡可能な送り状控え№を添えて、「本日出荷致しました」とのこと。
今日午前着指定で品物が届いた。送料無料ということも有難い条件だった。
これでバッチシ! まずは形から・・・・靴も、雨合羽も揃った^^。
リュックは子供のお下がり、準備が楽しみな日が続いた。
f0215591_07333769.jpg
f0215591_08001146.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-21 23:27 | Life | Comments(0)

成果

朝20度。薄曇りで秋を思わせる涼しい一日の始まり。
先日の作品受付に続いて、今日は約1000点余りに及ぶ子供さんたちの作品のこの地域での審査。
立派なものはこの後本部へ運び込まれる。
会場は去年と同じだったのに1年経ったら入り口をコロッと忘れて、近くにいるのに2周回った挙句お肉屋さんで尋ねた。入口が分りづらいのだ。
f0215591_16070881.jpg
自信が無く時間に余裕を見て来たから2周回っても定刻に遅れはしなかったけど、いかに方向音痴かと改めて思い知らされる。
早く来たのに二周回ってた!とEさんに話したら、誰からも褒められもせず、怒られもせず無駄な時間を過ごしてたのね・・・
っと、ちょっと先輩のEさんに構われた。「さようでございます。汗汗」
お昼を挟んで新聞社に送る名簿もできて3時頃に解散。
みんなでお茶を。。。と、事務室でカフェのありかを尋ね、二軒に聞いてくださったけど、田舎で昼間から開いているカフェはなかった。
冷房の効いた部屋で一日、今日は暑かったのかどうか外に出て空を眺めたら秋の雲がいっぱいだった。
f0215591_16082924.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-20 23:56 | Life

カエル君

かんかん照りのいいお天気でタオルケットをどっさり洗った。
物干し竿に手を伸ばそうとしたら・・・・あら、こんなところに!
f0215591_15514160.jpg
どんな所かというと・・・・

二階のベランダの・・・
f0215591_15525844.jpg
手摺にかけてある布団ばさみが彼のベット!
f0215591_15535795.jpg
心地良いんでしょうねぇ。 
ウトウトしてる?
暫くそのままにしておいてやりましょう。

午後どこかへお散歩?  それっきり帰ってこなかった。
東の空が真っ暗になってその後突然お天気の変化、大雨になった。
朝から張り切って洗ったタオルケットどっさりはすっかり乾いて早々に取り込んだが、
カエル君はこうなるお天気を教えてくれたのかもしれないな。

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-19 23:49 | Life | Comments(0)

自己紹介

毎日ちょこっとづつ雨が降って、乾いたところでウッカリ取り込みを逸すると折角のものが湿りかえってしまう。今日も曇天で肌寒い。
昨日はグットタイミングで大きい物が洗えて、タオルケットも半分くらい片付いた。布団はまたスカッ!と晴れた日に干そうと思う。

今日は臼田の会の暑気払い。 先生は小渕沢の別荘から直接小海線に乗ってこられた。 
僅かな時間ではあるけど東京の空気とは違った爽やかな高原の風を体中に受けて、お教室の楽しみ以上にこの空間が好きで。。。と言って下さる。そんな先生をお迎えする側も田舎らしいお料理と田舎ならではの至福の一時をお過しいただこうと、会場は先日先遣隊として行ってきた「佐久ホテル」。
f0215591_15415783.jpg
昔昔、文人墨客が宿泊されたという建物は、昔の面影を残しつつ今風も多く取り入れられた老舗旅館。ホテルというより旅館というのがシックリするかも。
家人は例会で利用していてその送り迎えでしょっちゅうだったけど、中に入ったのは先遣隊で行った日が初めてだった。
会が立ち上がってから1年半、会員も当初の倍近くにまで増えお互いにしっくりお話ができるようになってきたが未だ顔と名前が一致しない方もいらっしゃるでしょうから・・・と、代表の先生が「私は何者ぞ・・・」ということで改めて自己紹介をしましょう! となった。
知ってる仲間内では照れくさいやら恥ずかしいやら、Aさんは「声が小さく小度胸で人前でお話しするのが大の苦手、お蔭様で腹式呼吸で鍛えられて、最近は少しづつ改善されてきました~!」っと堂々と言ったら「うっそ~!!」っと彼女を良く知るどこかから声が上がった。笑
私こそ・・・「声が小さく小度胸で人前でお話しするのが大の苦手、お蔭様で・・・」の気持ちで毎回楽しみにしている。
私の友人がもう二人、興味を持ってることも伝えた。
入ってくれると良いな。
f0215591_15470108.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-18 23:20 | Life

水遊びのあと

みんな帰ってしまった
みんなで入ったプールが何気なく廊下に置かれ、畳んでしまわなけらばいけないのだけど暫くそのままになっていた。小さな体がスッポリ入るIちゃん用の浮き輪。
暫く眺めているとあの喧騒が蘇る。
f0215591_15174590.jpg
子供達が小さかった頃の保育園では、水が張られた浅いプールでボディペインティングなるもので体中、真っ赤に、まっ黄色に、真っ青に色を塗られ、それこそ自由に水遊びを楽しんだ。
学校に行ってからも一年生で25Mをバタバタ手足を動かしながら泳げた。
二人とも泳ぎは得意で何の心配も要らなかったが、さて私はどうだっただろう。
夏休みは小学校のプールに白旗の上がっているのを確認してから泳ぎに出かけた。クロールは苦手で(息継ぎが)平泳ぎ専門だった。海に連れて行ってもらっても、足が底に届かないと不安で遠くまでは行けなかった。
そんな私だからこの小さなプールでもIちゃんが浮き輪から抜けてひっくり返ったりすると、“うわっ!溺れる~!!”っととっさに手が出る。プールに通ってるお姉ちゃん達は「大丈夫だよ! ちょっと溺れただけだよ!!」 っと、余裕の笑みを見せるが・・・・
泳ぐのが得意と不得意と、どこで差が出るのだろうかと思う。
大人達に囲まれて3人は唇が震えるまで遊んだ。
子供達からの「いろいろありがとう!」の言葉がうれしくて、また来年も楽しいことを沢山考えてあげたくなる。
程よい風が吹いて爽やかな一日だった。シーツ類をみんな洗った。

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-17 23:13

送り盆 

20度、半袖では寒い!。
今日は送り盆。盆棚を片付けお供え物もまとめ、ご先祖様をお送りする準備。
お送りする時間は各家庭それぞれで、今日は行く途中一軒のご家族と会った。

夕べ諏訪湖の花火を見に行った弟家族も帰りに寄るとのことで、一緒に送ることができればと待っていたが時間がはっきりしなかったので見える前に済ませてしまった。
楽しみにしていた花火は雨でも決行だったそうだが、低く立ち込めた雲に煙に・・・・雲の切れた間からピカッ!と天辺だけ顔を出す花火が多かったとかでとても残念だったようだ。
花火師さんたちにとっては腕を競う一瞬の晴れ舞台。あれで賞を決めるのは酷な事だね~・・の感想。
毎年知り合いが席をとってくださって楽しませてくれ、並々ならぬその臨場感を今年も大いに味わわせて貰ったと感謝の念。
特等席はもう来年の予約も入るのだとか。
そんな上等な席でなくても真下で花火が見れて杯を傾けられれば良いというご一行。。。。と弟は笑った。
元気で揃って集まれるうちが華。 去年は揃ってBBQができたけど今年は子供たちの都合で一日早かった為合流できなかった。
来年一緒にできるといいね。
ハックルベリーが真っ黒に色づいてきた。ジャムができるほどあるかな。
f0215591_15112926.jpg


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-16 23:42 | Life

丸ナスのおやき

雨が降ったりやんだり。昨日たっぷり遊んだあとはこんなお天気でちょうどゆっくり家仕事。
畑から丸ナスが沢山届いたので丸ナスのおやきを作ることにした。
一個を4つから5つに丸く切り、途中の切れ目は奥まで切り込まないでパクパクするように切れ目を入れ、そこに青シソを混ぜた砂糖味噌にサラダ油を少々混ぜたのを挟み込む。
耳たぶくらいの柔らかさに捏ねた小麦粉の皮でおナスを丸ごと包み、10分くらい蒸かしたら「昔ながらの丸ナスのおやき」の出来上がり。
f0215591_14384109.jpg
今年初めて作ったので(言い訳)粉を寝かすこともせずいきなり、・・・の作。
皮が少し硬かった。しかも厚かったから、“二つ食べるとおなかいっぱい!”って、子供達は上手に言ってくれたけど、実際二つ食べたら胸が焼けた。もう少し皮を薄く柔らかく・・が今後の課題。
って言うか、毎年同じことをしているなあと思う。母の作ってくれた丸ナスのおやきは美味しかった。
皮は出来るだけ薄く引っ張って伸ばして丸めるんだよ、って何度も教えられたのにそれが出来ない。
ちょっとだけうまく気に入ったように出来る頃、今年の丸ナスも終わり、また来年・・と言うことの繰り返し。一年経つとみんな忘れて又一から。
さっぱり学習が生きてこないのです。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-15 23:33


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 08:53
矢切の渡しを眺めましたね..
by saheizi-inokori at 09:14
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 08:51
表紙のコスモス、いいです..
by saheizi-inokori at 09:24
✍ natuさま こん..
by waku2-tuduri at 00:24

最新のトラックバック

検索

タグ

(417)
(193)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧