薄ら寒い日

朝方の強い雨。 今年は梅雨でもこんなに降らなかった秋の長雨。身近な山にもはっきりした紅葉のグラデーションが見られず、このまま冬がやってくるのではないかと言う心配していたら、明日辺りからの予報にお日様マークが並ぶようになった。朝の気温もぐっと下がってやっと錦織り成す山々を期待できそうだ。
何も予定が無いからいつも通りこんな朝はゆっくり。とはいえさすがに朝の始まりが遅いとあっという間に半日が終わってしまうので反省はする。ベランダに置いたシャコバに沢山蕾がついてるのに気がついた。そろそろ取り込まないとみんなポロっと落ちてしまう目に遭う。
先日漬けた丸ナスの粕漬け、20日ほど経ったので出してみた。
f0215591_09100366.jpg
柔かくなってきたけどもうちょっと味が滲みるまで置く必要がありそう。一つは粕ごと食べてみた。美味しい内に・・でももうちょっとだね。

友人がマコモダケを持ってきて下さった。そういえば去年も頂いて初めてその存在を知った。特別な味も香りも無くて揚げたり炒めたり、
f0215591_09110334.jpg
今日は天ぷらで頂いた。

夜、浅間の麓に住まわれるブログのお友達のところで、浅間に冠雪の画像を撮ってくださったのを見て、あまりに寒いし山は朝からずっと雲に隠れて顔を見せなかったからきっと雪だろうなと思っていた。浅間に7回雪が降ると・・・いよいよ雪が里に下りて来るまでのカウントダウンが始まる頃になった。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-25 23:13 | Life | Comments(2)

ハンドメイド

昔買い求めた皮の端切れがある。
しまいこんだままでは勿体ないので時々引っ張り出して小物を作ったりしているが
今回は色褪せくたびれ感が出てきた携帯ケースを新しくすることにした。
f0215591_13171610.jpg
バックの中で携帯を探すのに、どこ?どこ?どこ?って言うことがないように今回も目立つ色に決めた。使わなくなったハンカチにキルト綿を縫い付け裏地の準備。皮は今回バックスキンを使うことにした。
裏と表を合わせ最後に縫い合わせるだけ。左右から同じ穴に二本の針を入れ交互にチクチクしていく。皮用の針と糸、この針がオットット!って指に刺さると、刺さると言うより指先が切れる。
f0215591_13314451.jpg
f0215591_13215811.jpg
f0215591_13194091.jpg
調子が出てきたのでついでにデジカメケースも。
f0215591_13231016.jpg
f0215591_13251793.jpg
私のする事、何もかもテキトーだけど何とか形になった。単純だからバックの中を覗くのも楽しくなった。
久々に見る昨日のお月さまと、今日の夕日。
f0215591_13265716.jpg
f0215591_13280094.jpg



[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-24 23:02 | Life | Comments(0)

嵐の後

朝方ベランダでものすごい音が聞こえて、何事が起きたのかと外に出てみた。
下がっていたピンチハンガーが強風で竿から飛ばされて落ちたのだった。
この時、雨も風も凄かった。
県内小中学校の児童は休校だったり遅らせたり多くの学校で措置を取られた。台風が去ってどんなにか気持ちいいお天気になるかと期待したけどお天道様は出たり入ったり、時間が経つにつれどんどん気温は下がったようだ。
実家方面の被害はどうだったのだろう。 
先日ふじの葉摘みを始めたと聞いていたので風で揺すられると傷が付いちゃうなァと気になって電話を入れた。風は思ったほどではなく落果も少ないらしいが地域によって千曲川の増水で河川敷が水没し、野菜畑の被害が大きいとのことだった。
我が家も畑の見回りから帰った家人から、ネギや野沢菜が風に煽られて葉が折れたり根元から転んだとの報告。
近くの畑に行ってみると・・・・。
f0215591_15252754.jpg
f0215591_15255763.jpg
収穫までまだ日にちがあるけど折れてしまったのは駄目でしょうねぇ。
f0215591_15271005.jpg
f0215591_15274911.jpg
大根やトマトは大丈夫だった。
昼前は少し強風も残って、午後からの臼田の会は中止の連絡網が回ったので母の所へ行こうかなと思ったけど北の空が暗くてそれも取りやめ。
北海道から雪の便り、今年はもう朝夕何度も暖房を点け始めてるので、これからに向けて灯油タンクの配達もお願いして今日満タンにしてもらった。
ここも一日の最高気温は10℃以下に留まる寒い日だった。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-23 23:21 | Life | Comments(0)

嵐の前、その時を静かに待つ

大型台風が来る。
家の周囲を片付けたり物置のシャッターを下ろしてその準備に備える家人に畑の様子を聞いた。
僅かでも食卓に上がっていたきゅうりもこれですべて終わるのだろうと思った。変なので良ければまだ吊り下がっていると聞いて、どんな物でもいいから取って来てもらうようお願いしたら、なんとこんなにあった。
f0215591_09185706.jpg
皮を引いてワタの部分も出せばまだ十分頂ける。粕で揉んだりお味噌で揉んだり・・・そんな食べ方が好きだと言うので今日は味噌揉み。
紅玉を頂いた。酸味があるリンゴらしいリンゴでお菓子作りにはこれでないとというファンは多いが、最近では珍しくなった。今のように色々品種が無かった中で、大きく真っ赤に熟した紅玉は、シャキシャキして瑞々しい。
兄を真似て太ももで擦って磨くとヘタの部分に向こうと手前と下に向かって爪で切れ目を入れ、両手で思い切り割るように力を入れた。パカッ!て割れると中心部分には透き通った蜜がたっぷり入って美味しさを醸し出した。そんな事を思い出しながらサツマイモと一緒に煮て今日のお茶請け。
f0215591_09292856.jpg
夕べ花豆も浸しておいた。こんな雨の日はじっくりコトコト・・古いお豆だったけど柔かく美味しく煮えた。
f0215591_09305531.jpg
雨脚がどんどん強くなって当地には今夜半から明朝にかけて来そうな台風、気になる選挙結果に見入りながら・・・
大きな被害が出ませんように・・・。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-22 22:46 | Life | Comments(0)

柿、今年の出来と、盛った話

霜がこないから柿の葉が落ちなくてどんな出来なのか良く分からない、
今年の柿は裏年、あまり生っていないようだ。
雨こそ降っていないものの朝から曇天。台風が来そうだから柿を取っちゃおう!ってことになった。
大して生ってないから一人でいいと梯子を積んでお出かけ。
まもなく収穫できた柿持ち帰り、「今年はこれだけ!」
f0215591_14044619.jpg
大きく張リ出した枝が邪魔をして梯子から突っつき落ちた!!だなんて。。。
良く怪我をしないで済んだ!、骨折しないでよかった!怖いことをおっしゃる。
どっちかと言うと毎年柿取りは私の仕事、梯子や脚立に乗るのも私の方が使う頻度が高いので(庭木など)、たまに使う人は心配になる。
そのことはいつも気をつけるように言ってきた。  なのに。。。

どんな落ち方をしたの? 何段目から? 後遺症出るかも?などなど。。
「大ジョブ、大ジョブ、たいしたこと無い!」しつこく聞かれるものだから、たまり兼ねた返事は、
「一段踏み外して二段目からバランス崩して落ちた! 採取籠を持っていたからクッションになって・・・躓いた様なもんだよ。」
冗談のような本当な話は良く聞く話。
この程度の事が年々大怪我につながりかねないお年頃。
お互い鈍くなってきていることを改めて認識することになった。
f0215591_14142205.jpg
蕾を持って次々咲き出すも儚い命のオオデマリの花。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-21 23:00 | 自然 | Comments(0)

あれれ???

台風の影響で朝から雨。
一日こんな天気だろうと思っていたらじきに小止みになり上がった。
お天道様に会えたのは僅かな時間だけど、秋の空高く・・・の青空には梅雨時とは違った期待感がある。
台風がみんな連れ去ってくれるまで今しばらくガマンガマン。
洗濯物を風に当てるだけでもと思ってまとめて干した。
ついでに庭の花々にカメラを向けたら、撮れたけどレンズが引っ込まなくなった。
f0215591_11184862.jpg
f0215591_11200379.jpg
メッセージ通りしばらく様子を見るけど、ウンともスンとも言わないまま(文字は消えるけどシャットダウンしない)時間が過ぎた。
f0215591_11253612.jpg
時々様子を見るけど相変わらず閉じるのを忘れた状態のままじっとしてるだけ。
f0215591_11280946.jpg
壊れちゃったのかなァ??
使い慣れたものがないとチョッと不便。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-20 23:15 | Life | Comments(0)

今、紅葉真っ盛りのはずなのに。。。

今日も朝からシトシト降り続く寒い日だった。
良く降るなァ。紅葉の秋は何処へ。。。。
部屋を暖めてから一日の始まり。最高気温が7・8度でそれ以上上がらなかった。
長野の友人から頂いたメールにはこちらに雪が降ったのではないかとの☃マーク、「なに?なに?ほんとに?」笑
f0215591_15102929.jpg
雨なので山の様子は分からなかったが、志賀高原や高峰高原にも雪が降ったとのこと。寒いわけだ。
あまりの寒さに午後温泉に行こう!と言われたけど、
夜までにしなければならないことがあって引き篭もって仕上げた。
溜まってきた書き損じは何もしないでそのまま捨ててしまうのは勿体ない気がして
大きく裂いてお勝手のシンク下に積んでおく。ウエス同様、汚れ拭きや時に揚げ物の油切りなど色々に便利。
f0215591_15145805.jpg
夜は風を伴って更に寒かった。台風接近でいましばらくお日様にはお目にかかれそうも無い。
いつもなら山粧う時期に、まったくその様子が見られないのは何とも寂しい。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-19 23:47 | 自然 | Comments(0)

重症だと思います。

f0215591_10062704.jpg
完成時から不評の某地下駐車場。 訳分かんなくなると言われているのでいつもエレベーター近くの決まった場所に出来るだけおくようにしているが、今日はその近辺いっぱいで、エレベーターを挟んだ一通り奥をぐるっと大回りして空いてるところに入れた。
車から降りたら警備員さんが「ご苦労様です」と声をかけるのを聞くと同時に知人が「あッ! ○さんも?!(私のこと)」と声かけてくれた。 彼女は用を済ませ丁度帰るところで(お互い期日前投票)二言三言話して別れた。目の前にエレベーターがあったが隣には階段があったので1階まですたすた上がった。
f0215591_10075186.jpg
さて帰り、階段を地下まで降りて何も考えずに右に曲がって車に戻ろうとしたが見当たらない。さっき声を掛けてくれた警備員さんもいない。辺りを回って車を探すも「ここはどこ?」状態になって分からなくなった。
f0215591_10090740.jpg
広い地下空間には通りを挟んでもう一つのエレベーター。そこを覗いたらさっき往復した階段がないのでさっきとは違うエレベーターだと思って戻った。正しいエレベーターの前に戻って今度は左に曲がってみた。
f0215591_10104611.jpg
f0215591_10112790.jpg
車がまばらなのでさっきとは明らかに違うと思ったけど少し歩いてみたらマイカーが目に入ってホッ!!

普段から飛び切りの方向音痴、「見た気がする」程度の記憶でどの方向に何があっての位置関係やらがよく分からない。
うろうろ・・・の一部始終を見られていたら・・・
私の車はどこ?・・なんて聞けない恥ずかしさ。
何はともあれ今回駐車したコーナーの番号をしっかり確認しないで車を離れたこと。これに尽きると思う。

f0215591_10133546.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-10-18 23:37 | Life | Comments(2)


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 09:28
ついつい乗ってしまいます..
by saheizi-inokori at 10:24
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 09:27
>ノリ気、知りませんでし..
by saheizi-inokori at 09:49
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 13:28

最新のトラックバック

検索

タグ

(417)
(193)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧