自家製 『ハチミツと地豆』

f0215591_9227100.jpg

アカシヤの花から採られたハチミツ。
家庭菜園で出来た地豆。(落花生)
最近お二人の方から貴重なお品を頂きました。

<地豆>
    花後、地中にて結実するので「地豆」とも「落花生」とも。
    昔を懐かしんでお遊びで作られたそうですが、意外と収穫できて
    おすそ分けとのことです。
    今ふうにお皿に並べてチンすると、買ったようにきれいに仕上がるし、
    昔の生活に思いを馳せてフライパンで根気良く炒ると、これまた
    香ばしい香りが部屋中漂って、何とも言い難いこころ和む食べ方。
f0215591_9231291.jpg

        早速、夫のおつまみに両方やってみる。お豆がいいからどっちもおいしい~♪

<ハチミツ>
    ご趣味で蜂を飼われ、いろんな花の蜜を採集されるとのこと。
    これは去年の『アカシヤ』
    とてもきれいに濾過されていて透明度もあり、おいしそうですが、
    『サクラ』はもっといいよ~ とのことで今年のサクラをお味見させて下さるとの事。
    サクラの蜂蜜なんてどんなんだろう。楽しみ♪
    これからさまざまな花が咲くと蜂を移動されるようですが、
    最近耳にする蜂が少なくなったお悩みはやっぱり同じようです。
     <生産者曰く>
      ハチミツは栄養もあるのでお顔に塗ってもしっとりするし
      美容効果も抜群!だそうです。
      どんなに若作りしても若さを取り戻すことはもう無理。
      せめて老化を最小限に抑え、今のまま維持できれば・・・
              なんて思わないでもない。
      高価な化粧品には手が出ないし、それを思えば安上がりかも。
      効果が本当だとすれば試してみてもいいかな・・・なんて気になってきた。  
      さすがの食いしん坊でも、
      食をとるか、美をとるか・・利用法にチョッとだけ悩む。   
      どうしても“効果抜群”がちらついて。。。。
      食7>美3でいってみるか!
           ↑これっぽっちじゃ期待できないかしら。。。。
    
f0215591_9245429.jpg
 
                     美<食    
   ・・・・いやいや、やっぱり顔に塗っちゃうなんてモッタイナイ。。。 
   
手をかけて収穫された貴重な自家製地豆とはちみつ。
   感謝しながら大事に頂きます。Kさん、Hさんごちそう様でした。
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-03-06 09:28 | Life | Comments(2)

たのしいお仲間

昨日は、おひな祭り。だからという訳ではありませんが、時々集まるお仲間の食事会。
今回は1年半ぶりです。
佐久市にある、レストラン『ブランカン』
地元では有名な瀟洒な洋風の建物で、フレンチや、イタリアンもリーズナブル価格にて気さくに行けるレストラン。。。とは、聞いていたけれど、行った事が無かったので前々から気になっていました。
予約席に通されて皆さんが見えるのを待ってると、
      何度も来てるのに、暗いから道に迷っちゃってぇ!・・・。
      暫らくですねぇ~毎年、歳取ってるのにみんな変わらないよねェ~! 若いよねェ!
久しぶりに聞く賑やかな会話。「オバタリアン(古っ!)」の集まりです。
      明日なら旦那様が留守だからもっと良かったのに。。と、いう人がいれば、
      今夜は旦那さまが出張で留守なので、内緒で来ちゃった!
      (途中でそのだんな様から何度も携帯が鳴ったりしましたが。。Yさん、信用されてますか?大丈夫ですか?笑)
      離れて暮らす子供さんから、お孫さんのひな祭りの様子の写メが、タイミングよく届くなどなど。。。
一応子供たちもそれなりに手が離れて、みなさんご主人と二人暮し。
話すことは、趣味のこと。ボランティア活動のこと。美容と健康を保つ秘訣。離れて暮らす子供たちのこと。だんな様のこと。。。
お料理が届く前に、近況の話題で、一気に花が咲きます。
f0215591_2337624.jpg


f0215591_23384249.jpg


f0215591_119192.jpg

評判通りのお料理が順に出されて来ると、話はますます盛り上がります。
おもむろにカメラを取り出す私に、
    ねぇ、写真撮ってどうするの?
    家に帰って旦那さまに見せるの?
    最近写真撮ってる人、多いよねぇ~ と、ご自身の携帯を取り出し
    お料理をカシャッとしたり。。。
    美味しそうに見せるには。。もっと近寄ってこういう風に・・と
    セミプロ??の腕をご披露したり。。
話題はあっちこっちに飛んで、たわい無いおばさま談義は尽きません。
終盤、シェフが丁寧にご挨拶に見えました。
ご自慢の商品へのこだわりや、特に力を入れているお薦めのお品など、熱意を込めて話され、
評判通りお料理の内容も、接客レベルも高く、とっても好印象のお店でした。
美味しいものをいただき、心もお腹も満足感に浸りながら。。。
幸せの定義=うれしいねぇ~ たのしいねぇ~ おいしいねぇ~! って感じる瞬間!!
          ・・それが幸せなのかもね!って・・単純な一人が言うと、
          そういう風に感じる事って最近あんまり無いよねぇ~???って。
            Sちゃんホントに? 笑
3時間ほどおしゃべりして、気付くと、店内にどなたも見当たらなく、とうに閉店時間は過ぎていた様です。     
   きっとあの時のご挨拶は、閉店のお知らせのご挨拶だったのよ!??。
本当にどこまでも厚かましいおばさま達でしたが、スタッフのみなさま、やさしいお気遣いと
美味しいお料理を本当にありがとうございました。
今回の応募はがき、「はなまる」付けて、お出しします。
プライバシーを尊重して集合写真は小さくしました。(他の事情もありますけど・・笑)

そうなの、今夜の「カメラでカシャッ!カシャッ!」はこういう事情だったんですよ~^^。
あっっ! Sちゃん、
Sちゃん撮ってくれたのは、より一層美味しそうに見えます!確かに。  
カメラの手ほどき。。。今後に活かさせていただきます。笑
また一年後?   
みんな変わらないよねぇ~! 若いよねぇ~!って言えるようにねっ。 楽しみにしています。
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-03-04 22:37 | Life | Comments(2)

アップルパイ

f0215591_21314840.jpg

            信州を代表する物の一つといえば、りんご。
            りんごといえばアップルパイ!・・・ですよね。。。。。あれっ???
       
        そこで、
        りんごのおいしいうちに、「本格派アップルパイ!」??を作ってみました。
           ① 事前に生地を2枚準備しておきます。
           ② リンゴは適当な厚さにスライスして・・
              グラニュー糖を適量振りかけて・・
              少量の水を入れ、弱火でしばらく火にかけます。
              様子を見ながら好みの軟らかさになったところで
              シナモンをササッと振りかけて・・・ 火を止めます。

           ③ 生地の一枚に②の煮リンゴを敷きます。
           ④ もう一枚の生地を長い方の真ん中で二つにたたみ、
              たたんだ折り目側に切込みを入れ、
              リンゴを敷いてある生地の上にかぶせます。

           ⑤ 周囲をぐるっと山型に折り返し、生地の表面に卵黄を塗って
                オーブンへ。
           ⑥ 200°で焼くこと約10分。チョッと温度下げて更に10分。
 
f0215591_2135504.jpg
  
          吾亦紅流 『手抜き、ずぼらアップルパイ』の出来上がりです。♪ 
           (いつもこの程度の出来です。あんまりジロジロ見ないでね。)
 
f0215591_2222341.jpg
         
          パイ生地のつくりかた?
          ごめんなさい。これだけは諸事情があって。。「企業秘密」ってことで。。。
            あれっ?バレちゃってました?
          最後まで真剣にお読み頂いた方。。すみません。

     ウン十年前、eちゃんからお下がりのオーブン、現役ですョ。     
     ズボラ料理の助っ人として、頑張ってくれてます。まだまだ健在ですよ~♪
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-03-02 21:29 | 料理 | Comments(2)

やっと・・・咲き出しました

f0215591_21541426.jpg

めまぐるしい気温の変化に戸惑いながらも
着々と開花の準備を進めている春の花たち。
f0215591_215556100.jpg

わが家の一番手、福寿草がようやく咲き始めました。
クリスマスローズ・スイセン・クロッカス・チューリップ。。。
ほったらかしであまり手入れの行き届いていない庭ですが、
毎年次々と色とりどりの花を咲かせ、主の気持ちを和ませてくれます。

今年こそ。。。  ガーデニングのイメージ描いて妄想を膨らませています。
毎年思い通りに行きませんが、気持ちだけはワクワクしてきます。
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-03-01 21:58 | 花・庭木 | Comments(0)

緊急オペ?

昨秋収穫の『ほおずきとトウガラシ』
友人から頂いた可愛い観賞用『ミニひょうたん』も加わり
秋からずう~っと、玄関に飾って置きました。
f0215591_23225685.jpg
花の少ない冬のわが家には、いえ、ズボラな吾亦紅には手の掛からない最高のドライフラワー???            どれもミニで彩り良くて可愛い。
ところが最近、何気なく見ると・・・。
もぅ~、あっちもこっちも大変なことになっています!
f0215591_2352931.jpg
[#IMAGE|f0215591_2361394.jpg|                                    
 








 ひょうたんが・・・・。病気です!!
    急に春めいてきたから・・・
    急に傷み出しました。。。。
そう、それもそのはず、種を出してなかったからです。
大急ぎでオペ開始です。
f0215591_23122246.jpg
頭を削いで・・竹串で中ワタをくずし・・水を注いで流しだし・・
何度も何度も繰り返し、中身をすすぎました。
でも口が狭くて小さくて、中々思うようにいきません。
ピンセットを持ち出して、中身をつまんで・・引っ張り出して・・
悪いところは削って流して・・・
ただそれだけの原始的なやり方ですが、何せ不器用ですから。!

大ざっぱで、がさつな吾亦紅。案の定!!。あぁっっ!!! 
f0215591_23305998.jpg
1つはご覧の通り。
思い切って開腹し、 仕方ないから内側から症状を観察することに。。
意外と皮は薄くて、透けて見えるほど繊細です。
しかも症状は重症のようです。
もう1つは、より慎重に、慎重に。。。同じように掻き出しました。
完全に取り除けたとは思えません。中が見えないのでこれ以上は無理です。
失敗しないうちに止めときます。
果たして進行を食い止めることが出来たか。。再発しないか。。。
貴重な残りの1つです。手遅れで無いことだけを祈っていますが。。。。
f0215591_23583529.jpg

この可愛い斑入りひょうたん、これってホントはどうやって長い間保存しておくんでしょうか。。
カラカラに仕上がったミニチュアオブジェとして生き残ってくれますように。。合掌。
春には、掻き出したこの種を蒔いてみようと思います。
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-02-28 23:24 | 花・庭木 | Comments(0)

『三寒四温』

夕べから勢いいい雨の音が気になっていましたが
f0215591_10572237.jpg

朝見ると、降ってますねぇ。
前降った雪がすっかり溶けた庭に、雪景色再びです。
でも水分の多い春の雪。
どんなに頑張っても春のおとずれにはかないません。
すぐ溶けちゃいます。
   春>冬 ♪
春は確実にすぐそこまで来ています。

これが今年最後の雪になるかと思うと、雪の日もまた楽しいですよね。
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-02-28 10:57 | Comments(0)

ブサイクだけど・・・大人気!

一年のうち何度か、ときどき無性に会いたくなる。
そこらじゅうからファンが会いにやって来て
行くと、
決まって並んで順番待ちです。

決してハンサムではありません。
いえ、ハッキリ言って・・・『ブサイク』です。
メタボ体形で
どこがしっぽでどこが背びれか、尾ひれか、
良く見ないと、分かりません。
でもそこが間違いなく、ファンの多い魅力だったりします。

自家製ブレンド小麦粉使用、
びっしりしっぽまで詰まった北海道産の特級大粒あずきあん。
f0215591_1491251.jpg

f0215591_14152825.jpg
このメタボでブサイクな新海さんのたいやき。
すご~っくおいしい。!!
飾りっ気が無くて、愛嬌があって、おいしくて。。。
そして・・・・・・
1個でふたつ分の満足感も
たまらなく、大好きです!!!
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-02-27 13:49 | Life | Comments(2)

『野沢菜おやき』

こう急に暖かくなってくると、冬中美味しく頂いてきた野沢菜の漬物も
少しづつ味が変わってきます。
そうなると我が家の食卓に頻繁に登場するのが『野沢菜のおやき』。
今日も急に思い立って作ることにしました。
f0215591_21342883.jpg

まず具を作ります。
①塩出しした野沢菜を、改めて油で炒め味付けして煮直す。

②大根とキャベツの千切りを炒めて煮込んだ野菜。・・今日はこの二種類。
                                                                     
                                         
あり合せの小麦粉(適量)にベーキングパウダー(適量)を合わせ、ふるいにかけて
ぬるま湯を少しづつ入れ、軟らかさの加減を見ながらかき混ぜて、
耳たぶくらいの硬さになったらまあるくまとめる。
f0215591_2117627.jpg

ラップしてしばらくそのまま置いておきます。30分以上。
f0215591_21192795.jpg

1つ約60g位の大きさに(聞いたところはいいですが実際は適当です。)ちぎってまるめます。
それを手で平らに伸ばしながら形をまあるく整えます。
f0215591_21213871.jpg

真ん中に具を載せたら、周りじゅうから皮の縁を引き寄せて、しっかり口を閉じます。
f0215591_21231053.jpg

表に返してかたち良く整えます。
食べる人が分かるように
         ↑◆細長いのはやさいの具  ↑◆丸いのは野沢菜の具と決めました!!
生地がある分だけ繰り返し具を入れて作ります。
途中で、出来たのから順に蒸かし始めましょう。一回の蒸かし時間は約10分位。
     作った分を繰り返し蒸かします。
 
f0215591_21263743.jpg

くどいようですが・・・・・。
↑O楕円形(いびつじゃありませんよ~)のは、やさいです  ↑●丸いのは野沢菜。            
f0215591_2059759.jpg

4時・・・・ちょっと遅い時間になっちゃいましたが。。。。『お茶ですよ~』。
           家族の・・・『もう夕飯はこれでたくさん!(充分。)』
           ・・・・ですよね~。
           ・・・・われもこうも、そのつもりで作りました!!。(笑)
     
            ずさん母の 『早すぎる夕飯』です。
           『ここにまだあるから、夜、お腹がすいたら又食べてねぇ~。』
[PR]
# by waku2-tuduri | 2010-02-24 20:54 | 料理 | Comments(2)


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 08:53
矢切の渡しを眺めましたね..
by saheizi-inokori at 09:14
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 08:51
表紙のコスモス、いいです..
by saheizi-inokori at 09:24
✍ natuさま こん..
by waku2-tuduri at 00:24

最新のトラックバック

検索

タグ

(417)
(193)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧