おサルさんでさえ反省するんだから

今朝窓を開けると、ひんやりした空気が入ってきて夜中に雨が降った様子。
久々の雨に畑に撒いたタネ類が順調に大きくなりそうだ。ポツポツしては陽が照り、照ったかと思うとまた降り、不安定だったけど午後になって暖かな陽が射した。夜、会があって出かけるのでその準備で一日家の中仕事。
f0215591_16540631.jpg
出かける際にはご近所のキバナコスモスも近くの蕎麦畑もこんなにきれいになっているのを改めて見て、すっと素通りするだけの日常をちょっと反省した。
f0215591_16553350.jpg
会が終わってエアコンを使わなかった暖かめな部屋から外に出ると、ヒヤッとした風が通り過ぎた。ひと雨あった後のようで乾ききらない道路にその様子が窺えた。
県展が終わったばかりでまだ次に向かってエンジンがかからない自分なのにお仲間の半数以上は次の作品の構想を練って見えた。
日々漫然と暮らしている今の自分、あれもこれも反省する一日だった。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-07 23:52 | Comments(0)

サービス

長野に所用で午後から出かけた。道中真田町に入ると道路に面したお宅の物置の壁を今年も見事な西洋朝顔(ヘブンリーブルー)で彩っていた。
心なしかいつもの年より元気がなさそうに見えるのは、今年の陽気のせいだろうか。
f0215591_16383798.jpg
地蔵峠を越え下り始めるともう刈り入れの終わった田んぼもあり、山間の秋は一足早く訪れてるのを感じた。
f0215591_16440999.jpg
f0215591_16450862.jpg
用事は早めに終わったので帰りに普段お世話になっているお友達にちょっとお遣い物をしたくてデパートに寄り、心ばかりのものを選んだ。 
余所見をしながら待っている間、ふとメッセージも入れたいと急に思い立って、包装してくださっているスタッフさんに封をするのを止めていただいた。事情を話してあとは自分で適当にします旨を伝えたら驚いたことに、品物を受け取る時、「こちらも・・・、こちらも・・・お入れしておきますのでお使いください」とのこと。
個包装の包み袋は当然としても、そのお店の封用のテープと、装飾リボン。思いがけずこの上ない心の行き届いたサービスに頭が下がった。
f0215591_16423067.jpg
勝手な申し出にそこまでして頂いた申し訳ない気持ちと、たいした品物でもないのに大げさに見えそうな照れくささの反面、ひとり一人にプレゼントとしての気持ちが伝わりそうでとても嬉しかった。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-06 23:35 | Life | Comments(0)

棚田のかかし

菅平へ向かう国道から少し斜め下、見下ろしたところに「稲倉の棚田」がある。
f0215591_16271968.jpg
実りの時期になるとこの棚田には毎年力作の案山子が並ぶ。
お役目を果たし終えるころの案山子を何度か見に下ったけど、先日ブログのお友達から今年の情報を教えてもらったので、話題も作品も色褪せないうちに通りすがりではあるけど途中下車して、カメラを向けた。
f0215591_16284288.jpg
山間に小さな田んぼがいくつも並ぶこの棚田、江戸から明治時代にかけて開田されたといわれ、一部の耕作者によってひっそり静かに育まれてきたがほとんどは荒れ放題になったもの。
近年日本の棚田100選に選定されたのをきっかけに保全会の方々の手によって広報もされ、保全活動を進められてきた。
寂しくなった時期には、この界隈をイルミネーションで浮き上がらせた幻想的な景色に変わる。
この景色が後世にも受け継がれ、原風景を大事に護っていってほしいと願わずにいられない。



[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-05 23:25 | 自然 | Comments(0)

ほおずき

子供の頃ほおずきの中身の種を良く揉み解し、口の小さな穴に爪楊枝を刺してからそこから根気よく中身のタネを取り出したことを思い出す。
途中で口が裂けたりして子供にはなかなか上手く取り出せなかったが、上手にできたものを口で膨らませ、口の中に戻しては舌で押さえて音を鳴らした。ブブブ・・・という音が出るととても嬉しかった。
そんな技は母から教わった。
f0215591_16231721.jpg
ずいぶん前、何かの話の折に母はほおずきが好きだと言うのを聞いた。
ほおずきにまつわる思い出は鮮やかに蘇り、いつか我が家の庭にほおずきを植えようと思い立って何十年。放っておいても地下茎を通して必ず顔を出すので手も掛からず毎年楽しませてくれる。もちろん里の庭にもかわいいほおずきが一塊になって・・。でも肥料が効いているのか日当たりが良すぎるのか、丈は短め、茎は太め。所謂ズングリムックリだと笑った。
そんなほおずきは今、我が家の庭に色鮮やかな朱色の袋を膨らませて楽しませてくれている。
今日、きれいな所を切ってドライ用に取り込んだ。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-04 23:19 | 花・庭木 | Comments(0)

年1回、揃って電車もいいね♪

f0215591_14533651.jpg恒例の長野行き。今日から始まる書展。ここを皮切りに県下北から南へ10会場を巡回する。
毎年初日のこの日はセレモニーがあって、入賞されたお仲間の晴れ舞台をお祝いしようと、年1回皆さん揃って列車に揺られトコトコ長野へ。


毎回それぞれ往復切符を購入してたのが何方かの提案で回数券(6枚綴り)を3人で使いましょう・・・と。詳しい方のお陰で僅かではあるけど割引が利いた。忘れないで来年も・・・、来年になると忘れちゃうかな。そんな仲間の楽しい長野へのご一行様だ。
f0215591_14544246.jpg

式典会場のホテルから美術館に移動も毎年暑い時間帯なのに、今日は長野も涼しかった。
f0215591_14553756.jpg
f0215591_14561424.jpg
何十年と通った美術館は老朽化のため今月いっぱいで取り壊しとなるお話もあり、今回展は特に感慨深く鑑賞してきた。新館ができるのは4年後。楽しみでもある。
恒例の二次会は駅前「油や」さん。長野のお教室の方とも合流して1年ぶりの懇親会。長野の会には91歳の方がお二人。長~いお付き合いなのでいつの間にそんなに・・・と話題も盛り上がり、和やかに楽しく交流を深められてとても良かった。また来年元気でお会いしましょう。


[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-03 23:48 | Life | Comments(0)

秋といったら・・・

例年の今頃ならまだまだ“残暑”厳しいという言葉も聞かれるのに、今年は違った。
ここにきて秋の気配が深まり、9月の声と共に温度計も日に日に更新、今朝は13度だった。
秋といえば・・・・食欲、読書、芸術、スポーツ、行楽・・・・ 
先駆けて昨日から。
f0215591_14344830.jpg
この時期お忙しい合間をぬってのそれぞれご活躍される社中を越えての交流の作品展。
f0215591_14413529.jpg
f0215591_14424796.jpg
f0215591_14441467.jpg
ゆっくりお茶をいただいてお昼は揃って去年と同じく「草笛」へ。
普段はそれほどでもないのに、休日の店頭は大混雑、警備員さんの誘導によりお店の裏のPに案内された。お昼時のお店は順番待ちのお客さんが10人以上もいらしたが、これだけのお店なので回転は速い。
それぞれ“クルミそば”と“トロロそば”に分かれて注文。ずっしりと濃いトロロは何回にも麺つゆで薄めて頂く、それだけでお腹がいっぱいになるのにお蕎麦の量がまた多い。大盛りを注文されたお客様に「普通盛りでも量は多目です」とのお店側の説明は親切だと思った。
お腹が満たされてからは男性陣と分かれて上田を後にした。
くるみの花岡さんで、甘いものを別腹に収めた女性陣、「お夕飯はもう入らないね~~」。そういう訳にもいかないお留守番さんがそれぞれのご家庭でお待ちですってば。。。。
f0215591_14470969.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-02 23:30 | Life | Comments(0)

出会った花々 @千畳敷カール 

f0215591_08304209.jpg昨日の朝はかなり冷え込んだ。
今朝の予報では更に下がるとの事だったので
起き抜けに軒下に下がる温度計を眺めたら、
昨日より2℃ほど低かった。





この間(23日)千畳敷カールではこの温度を体験してきた。霧や小雨に遭ったから体感温度はもっと低かったのかもしれないが、この日下界では30℃にもなったそうだから限られた時間とはいえ、たっぷりの時間にゆっくりお花を愛でながらの散策は最高のひと時だった。
その時見た、たくさんのお花。ボランティアのガイドさんからお花の名前を教わったが、その殆どは知らない名前ばかり。記憶と感動が薄れない内に写真の整理をしようと思い取り掛かった。
f0215591_08325275.jpg
名前の分からないお花はもうちょっと調べてみたい。
f0215591_08341432.jpg

[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-09-01 23:54 | 自然 | Comments(4)

季節が変わる

涼しくなったらトマトの色付きが悪くなった。
まだまだ立派な実が付いているのに、こんなに寒いと赤くなりきらないで木が傷んでしまうかも。もうちょっと畑にいて食卓に上がったら嬉しいんだけど・・・。
f0215591_08253157.jpg
何度となく通った里への通り路。
高原の夏の喧騒も9月の声と共に一段落するのだろうか。
きれいに整備されたグランドで若者が駆け回ってる姿を見ることは急に少なくなった。メイン通りから1本中に入った道は、時々ショートカットとして通るところで、そこは「菅平銀座」とは一変、生活感あふれる一面のレタス畑が広がる。
f0215591_08204861.jpg
収穫も植えつけもいつの間に?の、これで何回転目だったろう。日も短くなってあと二ヶ月もすると白い物が舞うようになる、里も高原も信州の秋は短い。
f0215591_08222882.jpg
8月もあっという間に過ぎた。
1月行き、2月は逃げられ、3月去られ・・・って数えたら私の1年あっという間に終わりそう。
さて好きな季節をどう過ごそうか。
f0215591_08232131.jpg



[PR]
# by waku2-tuduri | 2017-08-31 23:18 | 自然 | Comments(0)


    Welcome!  平凡な日々の中から拾ったこと、気ままに綴っています。 


by われもこう

プロフィールを見る
画像一覧

ようこそ! ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ

全体
自然
花・庭木
Life
古きもの
料理

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 08:53
矢切の渡しを眺めましたね..
by saheizi-inokori at 09:14
✍ saheiziさま ..
by waku2-tuduri at 08:51
表紙のコスモス、いいです..
by saheizi-inokori at 09:24
✍ natuさま こん..
by waku2-tuduri at 00:24

最新のトラックバック

検索

タグ

(417)
(193)
(84)
(84)
(74)
(68)
(55)
(46)
(40)
(39)
(37)
(22)
(18)
(9)
(7)
(4)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
中部

画像一覧